ベルばらブーム以前からの宝塚歌劇ファン、SKDのファン、OSKのファン、日劇のダンシングチームとミュージックホールのファン。それが私の人生そのものです



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



プロフィール

レビューの王子様

Author:レビューの王子様
FC2ブログへようこそ!

レビューの楽しさと素晴らしさ

命ある限り皆様にお伝えしたいです



カテゴリ



月別アーカイブ



カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
223位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
16位
アクセスランキングを見る>>



月別アーカイブ



お客様の数



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ SKD・OSK日本歌劇団へ
にほんブログ村

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝海ひかるでなく米倉涼子にスカーレットをさせる帝劇のアホさ





あのですねえ、米倉涼子なんて昔○○○中毒の●●●と付き合っていたのをフライデーされて、所属事務所のオスカーが金と圧力でもみ消した過去のある女なんですよ。

演技力にしても、NHKの大河ドラマ「宮本武蔵」では、「史上最低のお通」と下手な演技を酷評されました。

帝劇のスタッフもええ加減な奴らばっかり、いや、アホばっかりです。

「スカーレットの情熱には米倉涼子がふさわしい」とか何とか言ってましたけど、結局オスカープロの圧力、金と芸能界に対する影響力に負けてんじゃないですか。

帝劇も宝塚と同じ「阪急阪神・東宝グループ」でしょ。だったら、何故もっと、スカーレット役にふさわしい女優が身内の宝塚OGにいるのに、何故彼女を起用しないのでしょうか。

今この文章を打ちながら、先日スカイステージで録画した「風と共に去りぬ」を見ています。

コムちゃんがスカーレットをやるべきです!

asami01.jpg




スカーレットの華やかな美しさ、気品のある物腰、可愛い行動、情熱的な振る舞い、コムレット(コムちゃんのスカーレットを当時ファンはそう呼びました)は、それらを全て持っています。

米倉涼子なんかとは、月とすっぽん、提灯に釣り鐘です。

他の配役もどこが「豪華な顔触れ」なんですか。寺脇康文のバトラーは何とも貫禄ないし、アシュレイ役の岡田浩暉て誰やねん!

ベル・ワトリングが高橋ひとみ・・・もう、何とも安っぽい配役です。

りかさんのファンだから批判じゃないのですけれど、メラニー役のために、あそこまで太らなくても良いのでは?

私が帝劇のプロデュサーだったら・・・

帝国劇場100周年記念公演「風と共に去りぬ」

スカーレット・オハラ 朝海ひかる

スカーレットⅡ    貴城けい

レット・バトラー   松平健

アシュレイ・ウィルクス唐沢寿明

メラニー・ウィルクス 壇れい・大鳥れい(Wキャスト)

ベル・ワトリング   紫とも・渚あき(Wキャスト)


どうですか!素晴らしい配役でしょ。そして、私がプロデュサーならストレートプレイ(菊田一夫先生脚本)ではなく、ミュージカル(植田紳爾先生脚本)として上演します。

もちろん、フィナーレナンバーも付けますよ。

超ハイレグのダルマの48人のロケットガールズ。

「タキシード・ジャンクション」から「セントルイス・ブルース」そして極めつけの「ナイト&ディ」

26段の大階段は無理だけれど、博多座並の大階段もセットして全員のパレード

ああ、考えるだけでワクワクしてきます。

帝劇の、オスカープロの金と圧力に負けた、アホのプロデュサーさん

今からでも遅くはありません。

米倉涼子を降板させ

朝海ひかるさんをスカーレットにしなさい!


武士の情けです。米倉涼子のスカーレットもUPしてあげましょう。



※ブログ初心者で意味も分からずバナーを貼っておりました。もし、この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックして下さいませm(__)m

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村人気ブログランキングへblogram投票ボタン朝海ひかるさんの写真はanfan2010年12月7日の記事より引用
スポンサーサイト

テーマ:観劇・劇評 - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。