ベルばらブーム以前からの宝塚歌劇ファン、SKDのファン、OSKのファン、日劇のダンシングチームとミュージックホールのファン。それが私の人生そのものです



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



プロフィール

レビューの王子様

Author:レビューの王子様
FC2ブログへようこそ!

レビューの楽しさと素晴らしさ

命ある限り皆様にお伝えしたいです



カテゴリ



月別アーカイブ



カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
419位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
23位
アクセスランキングを見る>>



月別アーカイブ



お客様の数



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ SKD・OSK日本歌劇団へ
にほんブログ村

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「昭和の宝塚」を馬鹿にして笑ったスカイステージのスタッフへ


まあ皆さん聞いて下さい(また、ぼやき漫才の出だしみたいになりましたが)

4月18日に投稿させて頂いた「スカイステージの殿様商売を批判する」の記事は、沢山のアクセスと拍手有難うございました。
その第二弾と言う訳でもないのですが、またしてもスカイステージの不遜な態度に我慢ならなくなりました。

スカステのHP御覧になった事のある方なら御存じだと思いますが、「My番組表」と言うのがあります。

これは、お気に入りの番組を録画するのを忘れないように、自分で番組表を見て登録するのですが・・・

6月の番組表を見て愕然としました。

登録する番組がないんです!

正確に申し上げれば、まーくんの初DS「Hot Fairy」とカフェブレイクの再放送、そしてアサコさんのスカーレットの「風と共に去りぬ」だけです。

あとは、相も変わらず同じ番組の再放送ばっかり。

「JURIのおじゃまんぼセンサー」なんて何回目の再放送やねん!

今までもメールで、テレビのCMの通り「懐かしいあの作品」を放送して下さいと、TCAに要望してきたのですが、今回は堪忍袋の緒か切れて、スカイステージに電話したのです。

今までも歌劇団には色々な事で電話していましたので、緊張はしませんでしたし、事実スカイステージのオペレーターのお姉さん?の対応も真摯で丁寧な対応で良かったです。

それで、自分はケーブルテレビでスカステを見ており、スカステの月額2,625円と共に、ケーブルテレビのパック料金も払い、両方で月5,000円、年間で6万円以上になる。

だから、私達オールドファンの為に、テレビCMのコピーの通りに懐かしい作品、70年代、80年代、90年代前半の作品を見せて下さいと要望しました。

参考までに私の要望に対するTCAの正式なメールでの返信読まれますか。

こちらはTAKARAZUKA SKY STAGEでございます。
いつも宝塚歌劇ならびに当チャンネルにご愛顧を賜りましてありがとうございます。

また、このたびは貴重なご意見をお寄せいただき、誠にありがとうございました。
お客様からいただきましたご意見は早速、番組編成担当者に申し伝えました。

1980~90年代の過去の舞台映像に関しましては、多くの視聴者様からの
ご希望がございますが、映像素材自体の有無、および多くは著作権上の理由で
ご要望にお応えできていないのが現状がございます。

ただ、私どもは皆様のご希望、リクエストにお応えできるよう放送実現に向けての
交渉・協議等を常時行っており、また、今後も引き続き過去の舞台映像をお届け
できる環境を整える努力をして参ります。

お客様におかれましては、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
なお、毎月の番組編成につきましては、より多くの視聴者の皆様に楽しんで
いただけますよう様々な特集や企画等、お寄せいただいたリクエストも参考に、
バランスを考えて総合的に検討しております。

今後もより多くのお客様へご満足いただける番組を提供できますよう努めて
参りたいと存じますので、番組に関するご意見、ご要望がございましたら、
ぜひお聞かせいただければ幸いでございます。


つまりは、TCAが言うには著作権の関係で放映できない、またビデオテープ自体が残っていないとの回答でした。ならば・・・

もっと迅速に著作権の交渉やりなさい!

ところが、変に話がはずんでしまい、肝心のクレームを言い忘れるところでした。

さて、問題はここからです。私が・・・

「私の青春はマオちゃん・ショーコちゃんのアイドル・コンビ、ターコさん・モックさんのゴールデン・コンビの時代なんです」と言いますと、スカステのオペレーターのおばはんは

 ほほほほほ・・・

「昭和の宝塚」ですわね


こら!おばはん!お客様相手に笑うとは、どんな社員教育受けてんねん!

でも、笑われたこと以上に腹が立ったのは

「昭和の宝塚」と言う言葉です!

「昭和の宝塚」の何が悪いんじゃあ!ボケ!

いいですか、宝塚98年の歴史の内、昭和はその三分の二近くの62年(元年と64年は数日しかなかった)を占めているんですよ。

つまり、昭和の宝塚を笑う、馬鹿にすると言う事は、宝塚の歴史の三分のにを馬鹿にして笑う事なんです!

「虞美人」も「華麗なる千拍子」も「南の哀愁」も「ベルばら」も「星影の人」も「風と共に去りぬ」も「ザ・レビュー三部作」もみんな昭和に誕生した名作です。

平成、それも21世紀になってからの宝塚はミュージカルの潤色物ばかりで、作品水準の低下には歯止めがかかりません。

昭和の宝塚は素晴らしかった。白井・高木・内海の三大巨匠の先生方も御存命で、小原先生も、喜多先生も、寺田先生も、愛宝会長の原田憲先生もお元気だった。

ツレちゃん、オトミ、ジュンコさん、ターコさん、マオちゃん、イーちゃん、ナーちゃん、男役のスーパースターがごろごろいた。

東千晃さん、遥くららさん、若葉ひろみさん、湖上れいかさん、南風まいさん、秋篠美帆さん、ひびき美都さん、黒木瞳さん、北原遥子さん、神奈美帆さん、絶世の美女の花園だった。

ストーカーなんて無い時代、私はスターさんたちのマンション(寮の人は別)を全て知っていた。

ああ、昭和に戻りたい!


古き良き時代の宝塚に帰りたい!


TCAよ 殿様商売もいい加減にしろ!


DVDがなんであんなに高いねん!


ええか、今やワゴンセールでDVDなんて980


円で買える時代やで!


↓この昭和の宝塚を見て、TCAとスカステがい


かにぼったくり商売してるか反省しろ!








※ブログ初心者で意味の分からずバナーを貼っておりました。もし、この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックして下さいませm(__)m
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村人気ブログランキングへblogram投票ボタン







スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。