ベルばらブーム以前からの宝塚歌劇ファン、SKDのファン、OSKのファン、日劇のダンシングチームとミュージックホールのファン。それが私の人生そのものです



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



プロフィール

レビューの王子様

Author:レビューの王子様
FC2ブログへようこそ!

レビューの楽しさと素晴らしさ

命ある限り皆様にお伝えしたいです



カテゴリ



月別アーカイブ



カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
476位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
26位
アクセスランキングを見る>>



月別アーカイブ



お客様の数



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ SKD・OSK日本歌劇団へ
にほんブログ村

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


観客動員数の百万人割れを東北大震災のせいにするな!!!
01010402000000-daigekijyou.jpg

ここで未来日記を書く事をお許し下さい。

今年度も大劇場の観客動員は百万人を割ります!

宝塚の経営陣はそれを大震災の影響だと言います!


昨年度の大劇場の観客動員数が百万人を割ったのは御存じと思いますが、このままで行けば、今年度も間違いなく観客動員数は百万人を割ります。

そして、来年の今頃の株主総会の時、小林理事長は次のように言い訳をされるでしょう。

「なんたら、かんたら、長引く不況の影響と東北大震災の影響で観客動員は伸びず、なんたら、かんたら」

不況の影響は多少理解して差し上げられるにしても・・・

大震災は百万人割れと関係ない!!!

なんでもかんでも大震災のせいにするな!!!


大劇場が観客動員が伸びないのは、いくつか理由はあります。

東宝劇場が通年公演になり、それも大劇場公演が終了して三週間ほどで観れることで、名古屋以東、特に関東圏のファンが来られなくなった事。

チケット料金の値上げで、リピーターがリピートしたくてもできなくなった事。

不況の影響で修学旅行や社員旅行などの団体のお客様が減少した事。

しかし最大の原因は二つあります・・・まず

営業の努力が足りない事!!!

日本中の中学、高校を回り修学旅行を取ってこい!!!

中小企業にもお願いして社員旅行を取ってこい!!!


次に制作サイドでは何と言っても・・・

作品が全然面白くない事です!!!

今回の大ヒットした星組公演は良き反面教師です。

作品が面白ければ、関東からもファンが来られ、リピーターも多少無理してでもリピートします。

要は作品の、いや公演の質と内容です。

楽しいレビューと宝塚らしいミュージカルをやっていれば、自然とお客様は増えて来るはずです。

「ロミオとジュリエット」みたいな上演権料だけがバカ高くて

全然宝塚らしくない潤色物ばかりしていては駄目です


最後にこのお話をさせて下さい。

おそらく、宝塚の経営陣は「阪神淡路大震災の時も百万人を割った」と言い訳するでしょう。

しかし、逆に考えれば3か月ちかく休演したのに96万人も入ったのです。

震災がなければ、110万以上入った事でしょう。

そうなんです。賢明な皆さんはお分かりでしょう。16年前に比べて・・・

ファンの絶対数が減少しているのです!!!

それもこれも、宝塚自身がファン離れをおこす原因を作っているのです。

その最たるものが・・・

万引き捏造事件で誰も責任を取らない事です!!!

責任逃れが宝塚のスタッフの得意技です。

自分たちは悪くない、他に要因があるとばかり言い訳しています。

そして今回も・・・

観客減少を大震災のせいにするな!!!

不謹慎極まりないやろ!!!


※もし、この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックして下さいませm(__)m
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村人気ブログランキングへblogram投票ボタン
※大劇場の写真は宝塚市のHPより引用しました
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。