ベルばらブーム以前からの宝塚歌劇ファン、SKDのファン、OSKのファン、日劇のダンシングチームとミュージックホールのファン。それが私の人生そのものです



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



プロフィール

レビューの王子様

Author:レビューの王子様
FC2ブログへようこそ!

レビューの楽しさと素晴らしさ

命ある限り皆様にお伝えしたいです



カテゴリ



月別アーカイブ



カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
214位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
12位
アクセスランキングを見る>>



月別アーカイブ



お客様の数



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ SKD・OSK日本歌劇団へ
にほんブログ村

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オーシャンズ11の莫大な上演権料でゴールデンタイムのCM枠を買え!!!
ORG_20080715000202.jpg

こんにちわ。

変化が嫌いで変化に対する耐性が低いので

ファンで居続けるのが難しいレビュー王子です


さて、25日に月組公演を観劇させて頂く事は御報告しましたが、正直少し複雑な心境なのです。

チケットは12日にインターネットで購入しました。午前も午後も観るのですが両公演とも・・・

席が良すぎるのです!!!

こんな良い席が残っているなんておかしいです

夏休みの期間中の公演でっせ!

今や月組のみならず宝塚のエースである

龍真咲・明日海りおコンビが出てるんでっせ!


それなのに・・・

なんでこんなにチケットが売れてないねん!

前回の記事とだぶって申し訳ないのですが、私たちの青春時代、夏休みに宝塚歌劇のチケットが売れ残るなんて考えられませんでした。

始発電車で家を出ても、今津線の窓から当時の駐車場(今の劇団の建物のある場所)まで長蛇の列が出来ているのが見えました。

それでも、暑い中を必死で並んで、やっとC席(3階席)か立見席が買えたのです。

こんな事を書きますと「ファミリーランドが無くなったから」と言われる方もおられるでしょう。

私の答えはNOです!

ファミリーランドは確かに無くなりましたが

大劇場のキャパシティも800人減っています

本来ならチケットは取り難くなるはずです


夏休みですら大劇場のチケットの売れない理由は二つです。

チケットの価格が高すぎる事と宣伝が全くされてない事です。

チケット価格高騰の原因は前回の記事で分析させて頂きました。今回は宝塚の宣伝の下手さについて意見をお聞き下さい。

突然ですが・・・私は・・・

劇団四季の浅利慶太が大嫌いです

人間としても演出家としても軽蔑しています


しかし、悔しいのですが・・・

劇団四季は宣伝が上手いです!

例えば「オペラ座の怪人」のCMコピー・・・

劇団四季の「オペラ座の怪人」は凄いらしい

実際は全然凄いことないのです!

宝塚の「ファントム」の方がはるかに凄いのです


しかし、テレビのCMの影響力は大きいのです。何も知らない世間の方は、劇団四季の「オペラ座の怪人」に興味を持たれ観たいと思われるでしょう。

何の宣伝もしていない宝塚の「ファントム」は、はるかに優れているのに世間に対する知名度が非常に低いのです。

宝塚は本当に予算の使い方が下手です。いくら良い作品を創っても、宣伝をしなければお客様は来ません。

テレビのCMには番組枠とスポット枠(番組と番組の間に流れる)がありますが・・・

スポット枠で良いから全国の民放キー局

TBS・フジ・日テレ・テレ朝・テレ東の

ゴールデンタイムのCM枠を買え!


劇団四季のようにテレビCMを流しまくれ!

とにかく公演の宣伝をしなければ

今のままでは雪組公演も宙組公演も

客席が真っ赤になることは必至だ!

オーシャンズ11の莫大な上演権料を

ゴールデンタイムのCM枠に使うべきです!!!

※もし、この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックして下さいませm(__)m
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村人気ブログランキングへblogram投票ボタン
※浅利慶太氏の画像はチケットぴあのHPより引用致しました
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。