ベルばらブーム以前からの宝塚歌劇ファン、SKDのファン、OSKのファン、日劇のダンシングチームとミュージックホールのファン。それが私の人生そのものです



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



プロフィール

レビューの王子様

Author:レビューの王子様
FC2ブログへようこそ!

レビューの楽しさと素晴らしさ

命ある限り皆様にお伝えしたいです



カテゴリ



月別アーカイブ



カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
248位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
19位
アクセスランキングを見る>>



月別アーカイブ



お客様の数



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ SKD・OSK日本歌劇団へ
にほんブログ村

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


木村信司も谷正純も無能ではない!本当に無能なのは小池修一郎だ!!!
ORG_20090515000405.jpg

こんにちわ。

新人公演を観劇すると心が洗われて

御託を言うのが馬鹿馬鹿しくなるそうなので

9月20日に有給休暇をとるレビュー王子です


なんのこっちゃ分からない方は8/20のコメントをお読み下さい。さぞ資産家のお家なんでしょう。

さて、以前ある宝塚関係の掲示板で次のような文章を見つけました・・・

初めて観劇した宝塚歌劇が

木村信司や谷正純の作品の人はお気の毒だ


う~ん、本当にそうでしょうか?私にはそうは思えないのです。

私には男性の宝塚ファンのメル友が4人います。4人ともヤフオクの取引で知り合いました。

北海道、福井、静岡、福岡と住んでおられるところもバラバラで当然各自面識もありません。

それなのに、4人とも宝塚ファンになったきっかけをお聞きしますと木村先生の・・・

「明智小五郎の事件簿 黒蜥蜴」が面白かった

示し合わせたように同じお答をされるのです。

私も賛成です。非常によくできた作品で、オリジナルミュージカルとしても一級品だと思います。

谷先生も同じです。タカ・ハナコンビのトップお披露目公演「望郷は海を越えて」。

ずいぶん批判されてましたが、私は高く評価します。

日本物と洋物が一度に楽しめるオリジナル作品

初めて観劇される方には入門書的な良作です


さて、同じ掲示板で次のような文章も見つけました

小池先生の作品にはハズレがないから楽しみ

アホか!有名作品の潤色物だけやってんねん

ハズレがないのは当り前や!

小池修一郎にはオリジナル作品を創作する

劇作家としての能力が欠如している!


熱狂的な小池修一郎信者の皆様、クレームのコメントを打たれる前に次の言葉を御存じですか?

宝塚は新作オリジナル主義が大原則である

4組体制時代、年間8公演の芝居はほとんど新作オリジナル作品で、その内の6公演が植田先生と柴田先生のオリジナル作品でした。

植田先生、柴田先生、やはり偉大な劇作者であり演出家でした。今の芝居を担当してる演出家・・・

特に小池修一郎は全くの無能です!

高い権利金で有名映画やミュージカルを買い

潤色する事しか能がありません!


さあ、小池修一郎ファンの皆様、御反論のコメント覚悟してお待ちしております。

但し、お約束して頂けないでしょうか・・・

思い出を壊されて悲しいとか

好きな作者なのに腹が立つとか

感情論だけのコメントなら御遠慮下さい!

あなたの宝塚論で私を論破してほしいのです!

それが出来た時初めてファン同士の

心のキャッチボールができると思うのですが?


さあ長くなって申し訳ありません、今日のまとめです。

以前、壇れいさんの結婚の記事で「壇れいほど世間の評価と本当の女優としての実力が離れている人はいない」と書きましたが、逆の意味で、木村先生と谷先生ほどファンの評価と本当の演出家としての実力が離れている方々もいません。

木村信司先生も谷正純先生も

決して無能ではない有能な演出家だ!

自分の無能を有名作品の潤色で誤魔化している

小池修一郎こそが本当の無能なのだ!!!


一日も早く宝塚を辞めてフリーになれ!!!

※もし、この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックして下さいませm(__)m
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村人気ブログランキングへblogram投票ボタン
※木村信司先生の画像はチケットぴあのHPより引用致しました
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。