ベルばらブーム以前からの宝塚歌劇ファン、SKDのファン、OSKのファン、日劇のダンシングチームとミュージックホールのファン。それが私の人生そのものです



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



プロフィール

レビューの王子様

Author:レビューの王子様
FC2ブログへようこそ!

レビューの楽しさと素晴らしさ

命ある限り皆様にお伝えしたいです



カテゴリ



月別アーカイブ



カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
235位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
13位
アクセスランキングを見る>>



月別アーカイブ



お客様の数



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ SKD・OSK日本歌劇団へ
にほんブログ村

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


蒼乃夕紀のツンブラ姿のへそ出しセクシーダンスは宝塚の歴史を変えた!!!
marimo01.jpg


こんにちわ。

明日海りおちゃんと一緒に9月2日から

サイパン島に行きたいレビュー王子です


一週間しかない夏休みです。楽しんできてほしいですが、誰と行くのかなあ・・・

まさか彼氏とではないかと思うと

夜も眠れないレビュー王子です


さて今日の本題ですが、この記事がリリースされる頃には千秋楽も始まりますので、今回の月組公演の少々のネタバレもお許し頂けると思います。

いきなりですが・・・

まりもちゃん、私の不明を許してくれ

地味だの個性が無いだの批判した事を許してくれ

君は最高の娘役トップだ!

「アルジェの男」の君のツンブラ姿の

164㎝の抜群のプロポーションでの

セクシーダンスは宝塚の歴史を変えた

素晴らしい!本当に素晴らしいことです!


ツンブラ、レビューファンには御説明の必要もないことですが、セパレーツでおへその見えるセクシーなデザインの衣装です。SKDや日劇ダンシングチームではよく使われましたが、宝塚ではほとんど使われません。

正確に申し上げれば、先の星組公演の「ノバ・ボサノバ」でも一瞬使われてましたが、娘役のトップスターがツンブラであんなセクシーダンス踊るなんて画期的な事件です。

柴田先生、大野先生、有難うございました

以前から宝塚でもツンブラを導入すべきである

そうしなければ男性ファンは増えないとの

私の考えを御理解下さって本当に嬉しいです


しかし、女性ファンが圧倒的に多い宝塚ですから批判の声もあるかもしれません。

おへそを見せてお尻をあんなに振って下品

とか言われる方も少なくないかも・・・しかし

おへそを見せる事が何故いやらしい事なのでしょう。おへそがあるのはお母さんから生まれた証です。卵から生まれた鳥や蛙じゃない人間である証明なのです。

「清く正しく美しく」を持ちだしてくる方が

おられると思いますが見当違いです


「清く正しく美しく」とは舞台は華やかに、私生活は質素にと言う小林一三先生の精神面での御指導で衣装の露出度とは何の関係もありません。

SKDや日劇の踊り子さんは舞台ではハイレグのダルマやツンブラになったけれど、私生活は本当に真面目で質素だったのです。

ですから、今日は締めの言葉に代えて女性ファンの皆様に心からお願い致します。

お願いです!蒼乃夕紀を批判しないで下さい!

お願いです!ツンブラを批判しないで下さい!

やっとお赤飯が炊けたんです

つまり大人のレビューチームになれたんです!

もう女性ファンは飽和状態です

宝塚が本気で110周年を迎えたいなら

お色気のある大人の作品を上演すべきです!

男性ファンの増加による観客増だけが

真っ赤な客席を埋める最後の手段です!!!


※もし、この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックして下さいませm(__)m
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村人気ブログランキングへblogram投票ボタン
※蒼乃夕紀さんの画像は日刊スポーツ2010年1月25日の記事より引用しました
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。