ベルばらブーム以前からの宝塚歌劇ファン、SKDのファン、OSKのファン、日劇のダンシングチームとミュージックホールのファン。それが私の人生そのものです



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



プロフィール

レビューの王子様

Author:レビューの王子様
FC2ブログへようこそ!

レビューの楽しさと素晴らしさ

命ある限り皆様にお伝えしたいです



カテゴリ



月別アーカイブ



カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
20位
アクセスランキングを見る>>



月別アーカイブ



お客様の数



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ SKD・OSK日本歌劇団へ
にほんブログ村

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


OSKよ!宝塚のライバルになりたければ村根性を捨てよ!!!
osk01.jpg

こんにちわ。

2ちゃんねるで大人気のレビュー王子です

いやーえらい目に会いました。2ちゃんねるで話題にしてもらったおかげで、変なコメントやイラストが突然アホほど来ました。一時はどうなるかと思いましたが、何の事はない、一人か二人をアクセス禁止にしたら全部アクセス禁止になりました。むしろ・・・

「こんな面白いブログなんて初めて知りました」

「言っておられる事は極めてまともです」

「これから毎回訪問させてもらいます」等々


コメント欄には代表的な激励のコメントを一つだけ載せさせて頂きましたが、数人のアンチ的なコメントの10倍近い好意的なコメントを頂く結果となりました。

2ちゃんねるで宣伝してくれたアンチさん

期待はずれでしたね(笑)

私のブログを批判したつもりが


おかげで訪問者様の数が倍増しました

頼んでもないのにブログの宣伝してくれて

有難うございました!!!


さて今日の本題ですが、最近「何故OSKの事を取り上げないのか」と言うコメントを続けて頂きました。正直、私にとっては2ちゃんねらーさんたちのアンチ的なコメントより痛い所を突かれるコメントでした。突然ですが・・・

私がOSKを見限ったのではありません

OSKが私を見限ったのです!!!


コメント欄にも載せてあります。かなり以前に頂いたコメントなので捜されるのは大変だと思いますが、そのOSKファンの方から頂いたコメントの内容を要約しますと・・・

OSKの事はほっといて下さい

貴方のような宝塚ファンに

がんばれ!OSK!などと書いてもらっても

全然嬉しくない


それまでも色々な御批判やアンチ的なコメントは頂いていましたが、私にとっては最もショックなコメントでした。

元々このブログを始めた動機は4月13日の最初の記事にも書いております通り、宝塚に限らず、OSK、SKD、日劇ダンシングチームなども取り上げて、レビューの楽しさ、面白さを一人でも多くの方にお伝えしたい。無力で非力だけれど「日本のレビューの語り部」になりたいと思ったからでした。

特にOSKは、私自身元々関西の人間ですし、あやめ池の円形大劇場にも近鉄劇場にもよく足を運びました。松竹座の「春のおどり」も毎年観劇しております。宝塚の次に身近に感じるレビューチームでした。それが「ほっといてくれ」とは・・・

ああ、そうでっか!

そんならOSKの事はほっときますわ

けどな、OSKファンの皆さん

あんたら、そんな排他的な「村根性」やから

OSKはいつまでたってもマイナーなんや!


宝塚歌劇の敵(ライバル)やないわ!

毎年新入団生は入れてるけど

全員娘役ばっかりやないか!

本気で男役スター育てる気あるんか?


いいですか、OSKファンで宝塚を観たことが無い方はまずおられませんが、宝塚ファンでOSKを観たことが無い方は沢山おられます。それくらいOSKはマイナーで人気がないのです。松竹座だってガラガラだったじゃないですか。

OSKよ!村根性を捨てよ!

いつまでも宝塚のパチもんのままで良いのか?


OSKが宝塚の一組分くらいの人気をもてば

宝塚もファンを無視したチケットの値上げや

理解に苦しむ人事ができなくなるはずです

宝塚歌劇の為にもOSK自身の為にも

もっと人気を得る努力をすべきです

その為には若い男役スターを沢山育てよ

娘役ばかりでは二度目の解散を経験する!


ほっといてくれと言われても、やはりほっとけない、最後に言わせてもらいます。

がんばれ!OSK!!!

宝塚のファン離れが止まらない今は

OSKがファンを増やすチャンスです!!!


※もし、この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックして下さいませm(__)m
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村人気ブログランキングへblogram投票ボタン
※OSKの舞台画像は日刊スポーツ2011年4月4日の記事より引用
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。