ベルばらブーム以前からの宝塚歌劇ファン、SKDのファン、OSKのファン、日劇のダンシングチームとミュージックホールのファン。それが私の人生そのものです



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



プロフィール

レビューの王子様

Author:レビューの王子様
FC2ブログへようこそ!

レビューの楽しさと素晴らしさ

命ある限り皆様にお伝えしたいです



カテゴリ



月別アーカイブ



カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
238位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
16位
アクセスランキングを見る>>



月別アーカイブ



お客様の数



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ SKD・OSK日本歌劇団へ
にほんブログ村

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デジタルの時代に「オーシャンズ11」の広告を新聞の夕刊に出す宝塚のアホさ
ORG_20090915000306.jpg

こんにちわ。

最初に前回の記事のブログランキングの

二重投稿のお詫びと説明するレビュー王子です


原因は私はいつも前日の夜にブログを書き予約投稿で翌日の朝9時にリリースされるようにしております。ただ、御存じのように長文のブログですので、途中で何回か休憩を取ります。その度に保存ボタンをクリックするのですが、前回は具体的には8時34分の保存の時、間違って公開ボタンをクリックしたようなのです。

その時点でブログランキングの新着記事に更新が反映されてしまいました。それに気づかず、いつものように予約投稿のセットをして、そちらは時間通りリリースされましたので、同じ記事がブログランキングに並ぶ結果となってしまいました。気づいて先の記事を削除したのですが、記事を削除してもランキングの更新は消えないようです。

ブログランキングを楽しみにしておられる方に不快な思いをさせ、マルチポスト(多重投稿)と誤解された事、心よりお詫びします。本当にケアレスミスから生じた事で、決して悪意あるアクセス数かせぎなどではありません。二度とこのような事が無い様に細心の注意を致しますので、今回の二重投稿の件は何卒お許し下さい。

さあ、いつもの通り元気に始めさせて頂きます

まずはこのランキングを御覧下さい

一位 携帯

二位 パソコン

三位 テレビ


これは、ある大学の先生が学生たちにアンケートを取り「何から情報を収集しているか」を調査したものです。新聞は無い?と思われる方もおられるかもしれませんが、新聞はランキングできなかったそうです。何故ならば・・・

新聞と回答した学生はゼロだったからです!

新聞離れは学生に限りません

社会人も主婦の方も新聞は読みません

皆さん、携帯やPCで情報取られます

そんなペーパーレスのデジタルの時代に

一番情報メディアとしてはマイナーな

新聞の夕刊に広告出して満足してる

宝塚の営業や広報はほんまのアホですわ!


では、私ならどうするかを聞いて頂く前に、今一つ「オーシャンズ11」の新聞夕刊広告のおかしな部分を指摘させて下さい。

ヒット・メーカー・小池修一郎の最新作に、

星組が挑戦!

脚本・演出を手がけるのは、「エリザベート」「スカ

ーレット・ピンパーネル」などヒット作を次々と生み

だしている小池修一郎。その最新作に、今波に乗

る星組が挑みます。トップスター・柚希礼音がオー

シャン、夢咲ねねがその妻テスを演じ、タカラヅカ

ならではの華やかさもプラス。新しい「オーシャン

ズ11」に御期待下さい。



私のこんなブログでも応援のコメント下さる方は沢山おられます。ただ、その方たちを持ってしても「小池先生の悪口だけは書かないで」「小池先生が辞めたら宝塚は終わりです」等、小池修一郎ファンの多いこと、今さらながら痛感させられました。でも、ごめんなさい、お許し下さい、宝塚歌劇が大人になる為の諌言です。

宝塚の営業や広報のスタッフさん

あんたら、ほんまのほんまのアホやろ!

ええか、この広告は宝塚歌劇団が出したんやろ

そして小池修一郎は宝塚の座付作者やろ

つまり完全な身内の人間や

どこの世界に身内が身内の事を

ヒット・メーカーだの

次々とヒット作を生み出しだの

ほめちぎる広告出すアホがおるねん!


おまけに自分たちの作品を

自分たちでヒット作品とは・・・

身内に甘いのにもほどがあります!!!


そして、私がこの文章を考えた宝塚のスタッフが正真正銘のアホだと思ったのは・・・

タカラヅカならではの華やかさもプラス

ああ、反論するのも馬鹿馬鹿しいけど・・・

これ書いた宝塚のスタッフさん

あんた、何年宝塚に勤めてるか知らんけど

この公演は宝塚歌劇星組公演です

華やかさの無い宝塚歌劇なんてあり得ません

当たり前の事をたいそうに書くな!!!


さあ長くなりすぎました。今日の締めをさせて頂きます。

このデジタルでペーパーレスの時代に

アナログ時代の手法の新聞広告なんて止めろ


今の時代に一番効果的な宣伝手法は

ヤフーのHPの右上の動画広告に出す事

テレビのデータ放送のページに広告出す事

そりゃあ、新聞とは比較にならないほどの

莫大な広告費用がかかるでしょう

しかし、費用対効果で考えれば

絶対に新聞より効果があります!!!


「オーシャンズ11」のような海外物だけでなく

オリジナル作品を本当にヒットさせたいなら

デジタル広告戦略を打ち出すべきです!!!


※もし、この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックして下さいませm(__)m
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村人気ブログランキングへblogram投票ボタン
※小池修一郎先生の画像はチケットぴあより引用致しました
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。