ベルばらブーム以前からの宝塚歌劇ファン、SKDのファン、OSKのファン、日劇のダンシングチームとミュージックホールのファン。それが私の人生そのものです



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



プロフィール

レビューの王子様

Author:レビューの王子様
FC2ブログへようこそ!

レビューの楽しさと素晴らしさ

命ある限り皆様にお伝えしたいです



カテゴリ



月別アーカイブ



カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
235位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
13位
アクセスランキングを見る>>



月別アーカイブ



お客様の数



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ SKD・OSK日本歌劇団へ
にほんブログ村

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


壮一帆VS明日海りお 次期花組トップはどちらがなるべきか!!!
vs01.jpg


こんにちわ。

「彷徨のレクイエム」を見ながら書いてますが

早霧せいなさんが寿ひずるさんに

ますます似てきた事が嬉しいレビュー王子です


私は雪組ファンでもありますので、これだけは断言できます・・・

早霧せいなと言う強力な二番手がいる限り

音月雪組は当分は安泰だと!


問題は花組の二番手不在問題ですわ

前回の記事でやっぱり来ました。「言ってる事無茶苦茶」とか「何を言ってるのかさっぱり分からないとか」の無記名のコメントが沢山。いつも申し上げてますが、お名前をきちんと書いて下されば、どんな厳しい御批判のコメントでもコメント欄に載せさせて頂き、時にはブログでお返事も致します。しかし、お名前がハイファンつまり無記名ではお返事する気にもなりません。まして、一行コメントではなおさらです。

さて、本題に入る前にこれだけはお聞き下さい

前回の記事は極めて不評でした

訪問者様の数も最近の記事では一番少なく

ブログのランキングも落ちました

しかし、私は自分の説を曲げません!

以前も書かせて頂きましたが

訪問者様数稼ぎやランキングの為に

心にもない記事を書くのは本末転倒です

私は宝塚歌劇を本当に愛しており

その宝塚歌劇の為になる事をいつも考えてます


そして今日も宝塚歌劇団で

一番伝統のある花組の為の記事です


いきなりですが・・・

壮一帆    研16 → 研20

龍真咲    研11 → 研15

明日海りお   研9 → 研13

早霧せいな  研11 → 研15

紅ゆずる   研10 → 研14

凰稀かなめ  研12 → 研16


実はこの数字が全てを語ってくれてます

ここで今日は終わりにしても良いのです


小学生でもわかる算数の世界です。現在であれ四年後であれ・・・

壮さんが飛び抜けてベテランです!

本当の花組ファンの方々であれ

ただの私の事が嫌いなアンチの皆さんであれ

これでも私の問題提起が分かりませんか?


研20の新トップなんてあり得ません!

壮一帆さんを専科に移動させ

明日海りおさんを花組に移すべきです!


コメントを下さったバニラ様にお答えします。いつもコメント本当に有難うございます。

蘭寿さんと明日海さんで何ができるの?

お答えしましょう

どんな作品でもできます

いや出来ない作品はありません!

明日海さんはオスカルができます

明日海さんはスカーレットができます

明日海さんはエリザベートができます

壮さんのファンの方々には申し訳ないですが

他の分野で互角であったとしても

女役の美しさでは明日海さんには勝てません!


さあ、今日は締めの言葉の代わりに花組の歴史をお聞き下さい

当時中学生の私の最大の望みは

一度で良いから安奈淳さんを座って観てみたい

それくらい花組は人気があり

チケットが一番取り難い組でした

しかし、オトミが退団してからの花組は

星組と最下位争いの時代が続きました

一度だけ人気復活のチャンスがありました

寿ひずるさんが花組に次期トップとして

組替えされた時でした

しかし、御存じのようにイーちゃんは

突然寿退団しました

後任の高汐巴さんはまったく人気が無く

相手役で男性ファンが多かった

若葉ひろみさんが退団されてからの

花組の客席は閑古鳥の住み家でした


それから四半世紀が立ちましたが

花組は今もって観客動員に苦戦しています

しかし、もし私が提言申し上げてるように

蘭寿とむ・明日海りおのゴールデンコンビが

実現すれば花組にやっと春が来ます!

安奈淳さんの黄金時代のように!


花組ファンよ 君たちは四年後に何を望む

研13の若々しい天使のようなトップか?

研20の全くお客様を呼べないトップか?


※もし、この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックして下さいませm(__)m
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村人気ブログランキングへblogram投票ボタン
※壮一帆さんの画像は日刊スポーツ2009年4月4日、明日海りおさんの画像は同2010年4月13日の記事より引用致しました
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。