ベルばらブーム以前からの宝塚歌劇ファン、SKDのファン、OSKのファン、日劇のダンシングチームとミュージックホールのファン。それが私の人生そのものです



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



プロフィール

レビューの王子様

Author:レビューの王子様
FC2ブログへようこそ!

レビューの楽しさと素晴らしさ

命ある限り皆様にお伝えしたいです



カテゴリ



月別アーカイブ



カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
414位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
18位
アクセスランキングを見る>>



月別アーカイブ



お客様の数



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ SKD・OSK日本歌劇団へ
にほんブログ村

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


紫吹淳から瀬奈じゅんに交代していれば今日の男役スター不足は起こらなかった!!!
sena01.jpg

こんにちわ。

宝塚都市伝説を打破する PART3

「ファン立ち入り禁止のお店など存在しない」は

大きな人事関係のニュースがなければ

次回の記事でお届けする事をお約束する

レビュー王子です



さあ、今日も訪問者様に楽しんで頂けるように頑張りますが、言いたい事が多過ぎて上手くまとめる自信がありません。話題があっちこっちに飛び、支離滅裂になる事は御了解下さい。

いきなりですが・・・

月組の紫吹淳さんの退団の後任人事で

人気の無い彩輝直さんなどを挟まず

すぐに瀬奈じゅんさんを後任としていれば

今日の男役スター不足による

宝塚の窮状は起こらなかった!

あそこでボタンの掛け違いをした事が

経営陣の最大のミスなんです!



時間は戻りません。何を今さらの話かもしれません。しかし、宝塚ファンとしては今日の極端な男役スター不足の原因を分析し、できるなら対策を考えるのは権利であり義務でもあります。


最大の原因はタカ・ハナ6年間の長期政権です

しかし、タカ・ハナコンビは人気もありました

和央ようかさんは良い男役さんでした

そして、何だかんだ言っても

花總まりさんは宝塚史上最高の娘役です

ただ、4年間で良かったんです

2年多い、つまり6年間は長過ぎました



これに対して


彩輝直さんの1年半のトップ期間は

全く無意味で不可解でした

私は以前の記事で宝塚はトップの人選には

マーケティングリサーチをしてると書きました

それは本当の事です

しかし、彩輝直さんは例外です



ぶっちゃけて申し上げましょう


彩輝直さん程度の男役でもトップになれるのなら

ガイチさん(初風緑さん)も

ジュリさん(樹里咲穂さん)も

オッチョンさん(成瀬こうきさん)も

皆さん、トップになれました!



2004年と言えば理事長が交代した年です。植田理事長、小林理事長、どちらの責任にせよ彩輝直さんをトップにした1年半のタイムロスが今日男役スターが不足し、各組ともトリオがまともに組めない窮状の原因です。


さあ、今日はここから締めに入りますが長くなる事と敬称を略する(さん付けしない)事をお許し下さいませ。


こら!彩輝直!大運動会の優勝以外に

月組に、あんた何の貢献したんや?

瀬奈じゅんさんがすぐ月組トップに

なるべきやったんや!

そうなっていれば・・・

映美くららさんは退団せず娘1を続け

大空祐飛さんが正規の二番手となり

瀬奈じゅんさんの次の月組のトップに

霧矢大夢さんは花組に里帰りし

春野寿美礼さんの次の花組トップに

真飛聖さんは星組に里帰りし

安蘭けいさんの次の星組トップに



早い話がや!

もし人気の全くない彩輝直がコネコネで

月組トップにならなかったら

今の宝塚はこうなっていたんや!


花組 霧矢大夢 蘭寿とむ 野々すみ花

月組 大空祐飛 遼河はるひ 羽桜しずく

雪組 水夏希 彩吹真央 晴華みどり

星組 真飛聖 柚希礼音 陽月華

宙組 貴城けい 大和悠河 和音美桜



皆様、どうですか?

素晴らしいメンバーですよね


特に柚希さんと陽月さんは相思相愛でした

皮肉な事に大和悠河さんのトップ4公演の中で

一番評判が良かった公演が

陽月さんが休演した「黎明の風」でした



大和さんと陽月さんは仮面夫婦でした

スカステの座談会でも一言も会話しません

お互いに嫌っていたの見え見えでした

大和さんには和音さんがお似合いです

柚希さんにこそ陽月さんは似合うのです

もちろん、陽月さんも歌は下手です

でも、夢咲ねねさんの音痴は酷すぎます!


このメンバーが実現していれば

男役スター不足なんて全く心配なかったです

音月、龍、明日海、早霧、紅、凰稀

皆さん、三番手以下です


妄想じゃないんですよ!

2004年3月の時点で当時の経営陣が

コネに惑わされず正しい判断をして

紫吹淳さんの後任に瀬奈じゅんさんを

推していれば充分に実現したメンバーです



それが実現せず反対に仮定の話ですが

音月さんが寿退団でもしようものなら

全組まともにスタートリオが組めないまでに

男役スター層を薄くした犯人は誰や!!!


それは・・・

花總まり

彩輝直

そして最大の犯人は・・・

植田紳爾特別顧問です!!!


※もし、この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックして下さいませm(__)m
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村人気ブログランキングへblogram投票ボタン
※瀬奈じゅんさんの画像は日刊スポーツ2008年10月31日の記事より引用致しました
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。