ベルばらブーム以前からの宝塚歌劇ファン、SKDのファン、OSKのファン、日劇のダンシングチームとミュージックホールのファン。それが私の人生そのものです



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



プロフィール

レビューの王子様

Author:レビューの王子様
FC2ブログへようこそ!

レビューの楽しさと素晴らしさ

命ある限り皆様にお伝えしたいです



カテゴリ



月別アーカイブ



カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
384位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
23位
アクセスランキングを見る>>



月別アーカイブ



お客様の数



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ SKD・OSK日本歌劇団へ
にほんブログ村

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


異議あり!98期生文化祭若麻績咲良復学事件は龍真咲をワン切りトップにする月組新体制へのファンの批判をそらすものだ!!!
0002.jpg
(愛希れいかじゃねーよ by 角野卓造)



こんにちわ。


本来ならば明日月組公演を観劇していた

レビュー王子です


まあ、同じお気持ちのファンの方多いと思います

気持ちが萎えてしまったんです

今回の月組の新体制とお披露目公演の演目にね


ほんとに「ロミジュリ」なんか観たくないんです

ですから、まず入手困難ですが

明日海りおさんの初ディナーショー

例えプレミアが付いてもチケット取る


次に秋のバウと全ツ、明日海りおさんがどちらに

なろうとも何回も観る


そして十何年ぶりにTCA(タカラヅカ)スペシャル

今年は月組出るので明日海さんの為に梅芸行く


6月26日に観ると宣言しましたが

決して褒められた気持ちで観劇するんじゃない

龍さんと明日海さん、どちらが最後に大階段を

降りて来るかが知りたいだけなんです



他の方のブログやコメント下さる方の情報で

それらは知る事ができます

わざわざ観たくない小池修一郎の

大嫌いな大駄作「ロミジュリ」

明日海さんへの義理だけで観るのもなあ・・・


そんな金があるなら他の組の公演を沢山観劇し

愛読者様とのお茶会や食事会の分のお金は残し

後は明日海りおさんの追っかけに使います


しかし不安はまだ付きまといます

全ツの演目が「ロミジュリ」では泣きます

ならば明日海さんはバウホールで主役してほしい

ウイークリーマンション借りて通います!


実は花組さんの全ツは行くんです(嬉)

5月23日の多治見市文化会館です

前物のお芝居も紫吹・映美コンビで好評だった

名作ですが、私は「カノン」が観たいのです

花野じゅりあさんがメンバーなのも確認してます

彼女のロケットガールSが最高なんです!


でも月組公演、ほんまにどうしようかなあ・・・

おそらく28日の火曜日に二公演とも観て

霧矢・蒼乃コンビにお別れしてきます


それでもなあ・・・

愛希れいかを観て「こんなドブスが娘1とは」と

思い悩む事でしょう

現実に今でも思い悩んでいます


ほんま何とかなりませんか?

ドブスの愛希れいかが娘1である限り

月組観る気しないんです

私にとって5月以降の宝塚は・・・

花雪星宙の四組と明日海りおさんです


さあ!そろそろエンジンも温まってきました

いきまっせ!


愛希れいかを可愛いなんて言う人は

偽善者である!

ドブスだなんて酷い言い方と言う人も

偽善者である!

ブスをブスと言って何が悪いのですか?

いいですか、愛希れいかは芸能人です公人です

それも天下の宝塚の娘役次期トップスターです

批判されてなんぼの商売なんですよ


私のようなチンピラに批判されたくないなら

もっと綺麗になれ!


「可愛い」と言う言葉はファジーなんです

宝塚の娘1は「美しい」べきなんです

いいですか、娘役トップが美しいからこそ

お客様は感情移入して下さり

芝居が面白くなるのです




私たちの青春時代「情熱のバルセロナ」と言う

柴田先生のラブロマンスがありました

主役のフランシスコの大地真央さんの

超かっこ良さは当然ですが

相手役のロザリアの黒木瞳さんの

美しい事、まるで天使のようでした

だから!

フランシスコは捕まったら死刑になるのに

ロザリアの為にバルセロナに行くのです


もしこのロザリアが愛希れいかなら

「アホらし!なんであんなドブスの為に

危ない目に会わないかんねん」と

フランシスコは昼寝でもするでしょう


「ベルばら」の「行けフェルゼン」のシーンも

まったく同じです

マリー・アントワネットが美しいから

フェルゼンは命がけで助けに行くのです

花總まりさんなら私は死んでも悔いはないです

愛希れいかの為に死ぬなんてアホか!


あのですね

こんなに愛希れいかの批判ばかり

してますと絶対に来るのが

「いくらなんでも酷いです」とか

「ちゃぴと御家族に失礼です」とか

偽善者様のコメントです


はあ?はあ??はあ???

何を頓珍漢な批判をされるのですか?


あのねえ、あんたら(ちゃぴをかばう連中)

何にも知らんみたいやから教えたるわ


私の最も敬愛する高木史郎先生の作品で

「私は妖精(フェアリー)」と言う歌があります

TCAなどでもよく歌われますがサビの部分から

歌われる事が多いです


その歌の冒頭は

♪星よ すみれ 花の精

虹のお城のお姫様

夢の舞台のプリンスか

私はフェアリー

とあります


いいですか!

虹のお城のお姫様とは娘役トップのこと

夢の舞台のプリンスとは男役トップのことです


いいですか!

愛希れいかにはお姫様役は絶対に似合わない

お姫様が似合わない時点で娘役トップ失格です

娘役でなく女役に転向して脇役に回るべきです



あああ!!!宙組さんが羨ましいです!!!

実咲・早乙女・音波・伶美・すみれ乃・華雅

誰が来ても正解です

全員お姫様が似合う娘役ばかりです

テルさんは本当に幸せ者です

龍さんは本当に可哀そうです


締めの前にこれだけお聞き下さい

ファンの間ではテルさん政権の宙組は

観客動員に不安がある

がらがらの客席になると言われています

しかし、私は意外に宙組は善戦し

星組のライバルになると思います


理由は二つです

①朝夏・凪七の二番手・三番手が意外に良さそう

②娘役トップが良い人になることは間違いない

少なくとも月組みたいにスカは引かない


さあ書くのも怖い今日の締めです


皆さん、今回の月組の新体制

何年か前にそっくりの新体制があったの

憶えておられますか?

娘役トップは男役からの転向者

二番手に劇団が強く推すスターがいる

お披露目がファンの望まない再演物


龍真咲 → 貴城けい

明日海りお → 大和悠河

愛希れいか → 紫城るい

「ロミジュリ」 → 「竜馬伝」


ここまで貴城けいさんと龍真咲さんの

お披露目公演は似てるんです


ここで愛読者様に変更のお知らせです

言っときますけどマジですよ!

もし龍さんに三作目があったら

和食の「くすのき」さんのお座敷で

お祝いのお食事会すると言いましたが

おそらく、三作目どころか二作目もないでしょう

そこで!7月の平日二回公演の日に「残念会」を

やります


場所は「花のみち」の白木屋さんに変更します

時間は3時半から5時くらいまで

主婦の方も多いので遅くまではやりません

白木屋の方がメニューが豊富ですし

女性向きのカクテルも沢山ありますので

もちろん、無料お食事会ですよ!

お好きな物をお腹いっぱい食べて

お好きなドリンクも好きなだけお飲み下さい


とにかく、龍さんが貴城さんや匠ひびきさんや

絵麻緒ゆうさんのように・・・

ワン切りトップで辞めさせられるのは

間違いないと思います


誤解しないで下さい

私はそんな事望んではいません

しかし、あまりにも貴城さんのケースと似てます


そして、皆さん

歌劇団の汚い計画にはまってはなりません!

あの96期生の「妖怪ブログ婆」若麻績咲良が

突然に98期生の文化祭に現れ復学したのは

月組新体制への批判をそらす目的が見え見え!

よく政治家が使う汚い手です


今では誰でも知っている事ですが

美智子皇后さまの御成婚は日米安保反対運動を

国民の目からそらす為でした


大コケした「ロミジュリ」で少しでも儲けて

龍・愛希コンビは一作でお払い箱

来年正月は明日海りおさんが月組トップに

相手役は今度こそ花組の実咲凛音

これがアホの経営陣の考えた百周年体制です


娘役トップは綺麗な子に代えてほしい

しかし、龍さんには長期政権になってほしい

歌劇団のアホな計画を

阻止しましょう!!!

※もし、この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックして下さいませm(__)m
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村人気ブログランキングへblogram投票ボタン
※角野卓造さんの画像はPPMコンサートのHPより引用致しました
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。