ベルばらブーム以前からの宝塚歌劇ファン、SKDのファン、OSKのファン、日劇のダンシングチームとミュージックホールのファン。それが私の人生そのものです



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



プロフィール

レビューの王子様

Author:レビューの王子様
FC2ブログへようこそ!

レビューの楽しさと素晴らしさ

命ある限り皆様にお伝えしたいです



カテゴリ



月別アーカイブ



カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
214位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
12位
アクセスランキングを見る>>



月別アーカイブ



お客様の数



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ SKD・OSK日本歌劇団へ
にほんブログ村

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


異議あり!雪組の「フットルース」上演なんて誰も望んでいない!星組の全ツ「琥珀色の雨にぬれて」のルイ役はコーナンでなく真風涼帆がやるべきだ!!!
mainimage.jpg



こんにちわ。


レビュー王子です


まずブログランキング1位に沢山の

祝福のコメント有難うございました


しかし今後もスタンスを変える事無く

本音と実名で今の堕落した宝塚歌劇を

批評でなく批判をしていきます


それより本題前に

いつもコメント下さる農家の嫁様

2ちゃんねるに私の名前でスレ立て

目茶苦茶書いてる連中がいますが

私は一切タッチしていません


貴方様の事を名指しで「空気が読めない」

なんて書き込まれてからコメントが来ないので

大変心配しています

どうか気にされないで元気にコメント下さい




さあ本題です。長文深謝です


①「フットルース」上演なんて誰も望んでいない


結論から先に言わせて頂きます

「風と共に去りぬ」や「戦争と平和」ならともかく

「フットルース」程度の内容のミュージカルならば

オリジナル作品でなんぼでも創れます


また小林理事長の潤色物好きの悪癖が出ました

その潤色物の各種権利金つまり!

上演権料・DVD出版権料・スカステ放映権料は

誰が負担するんや?

ドアホ!!!

また我々ファンに負担を強いるのか???


もういい加減に潤色物は止めよ!

小林一三先生の「国民劇」とは御自身が著書で

書いておられるように

「日本人の手によるオリジナルミュージカル」

の事なんです!


昭和26年高木史郎先生の「河童まつり」と言う

作品を観られた逸翁(小林一三先生)は

「宝塚空前の壮挙、理想とする「国民劇」の創生

である」と絶賛された

後に高木史郎先生がラジオ番組で説明された

「創作ミュージカルの事だったんだよ

小林一三先生の国民劇とは」と


私はそれ以来、宝塚はレビューの伝統を守ること

創作ミュージカルで良作を生み出し続けること

この二つが目的と信じ無力ながらこのブログで

「新作オリジナル主義」こそ「真の宝塚歌劇」と

主張してきました



でも、それも無駄だったのでしょうか?

公一理事長は潤色物路線にまた戻りました

私のブログなど何の影響力もありませんが

今年上期の公演が全てオリジナルミュージカルと

レビューの二本立てになった事に微力ですが

お役に立てたと自負していたのですが・・・


「ロミジュリ」の月組での再演

「フットルース」の雪組公演

博多座のファンの方も失望しておられるでしょう

去年は「ノバボサ」で盛り上がったのに・・・

そして!

あくまで噂ですが宙組のお披露目公演は・・・

「エリザベート」!!!


アホかあ!!!と叫びたいです

宝塚は四季や東宝とは違うんや!

レビューチームなんや!


レビューチームの理事長がでっせ

輸入ミュージカルのお尻ばかり追いかけて

全然宝塚歌劇への愛が感じられへん!


あのなあ、公一理事長

あんた、アホやから教えたるわ

あんた全然お客様のアテンドしないやろ


私たちの時代の理事長は立派だった

市川理事長、坂理事長、荒木理事長そして

あなたのお父様の小林公平理事長

皆様毎日大劇場の入り口に立たれて

お客様のお出迎えやお見送りをされていた


公一理事長!

あなたねえ、初日と千秋楽だけやんけ

アテンドするのは、それも笑顔も無しや

「いらっしゃいませ」と何故言わぬ?

やはり、プライドの高いおぼっちゃんなのか?



とにかく①の締めとして申し上げる

輸入ミュージカルは歌劇団のメリットだけで

ファンのことを少しも考えていない

豪華なセットや衣装を作らないで済む

製作費が安く抑えられる

作品の知名度で宣伝費用も節約できる


もっとファンを愛しなさい!

それが出来ないなら理事長辞めろ!!!






②何故ちえ・ねねコンビに「琥珀色」なのか?


皆様、不思議に思われませんか?

何故全ツの演目は再演物ばかりなのかと

答えは極めて簡単です

名作の再演希望は本当に沢山来ている

しかし、それを今の時代に大劇場で公演すれば

巨額の予算が必要で無理である

その妥協策として考えられたのが中日劇場や

全国ツアーでスケールダウンして再演する


現在は年間10公演、以前の8公演、9公演の

時代とは一公演分の予算ははるかに少ない

ケーキを8人で切るより10人で切れば

一人分のケーキは小さくなります



まあ作品のスケールダウンは我慢するとしても

もう少し組のカラーに合った作品にしてほしい

「琥珀色の雨にぬれて」は人気のある名作で

私も大好きな作品です


しかし、もし現在の宝塚で再演するならば

花組が一番似合うと思います

まゆさんのクロード、らんちゃんのシャロン

えりさんのルイ、みりおんのフランソワーズ

もちろん全ツがフルメンバーは難しいですが


まあ決まった限りは成功してほしいです

しかし、スポンサーの顔色ばっかりうかがってる

アホのプロデュサーに配役を任せると

某ホームセンターのコーナンの社長令嬢で

「自称」星組の二番手男役さんにルイを

やらせるのは見え見えです!


私が最高最適の配役を考えて差し上げます


星組全国ツアー公演

「琥珀色の雨にぬれて」

配役

クロード    柚希礼音

シャロン    夢咲ねね

ルイ      真風涼帆

フランソワーズ 早乙女わかば

ミシェル    鶴美舞夕

エヴァ     花愛瑞穂

アルベール  壱城あずさ

ピエール    如月蓮

ジョルジュ   涼紫央

シャルル    美稀千種

ジュヌエーブ  妃海風


これがベストキャスティングです

本来ならルイを演じるはずの

「本当の二番手」の紅ゆずるさんは

バウホール公演の主役で不在

同じくフランソワーズ役は

本来なら二番手娘役の音波みのりさんですが

バウ公演の相手役は音波みのりさんで確定


ちなみに!

フランソワーズ役は非常に縁起の良い役

初演の秋篠美帆さん、再演の遠野あすかさん

どちらも娘役トップになっています


もちろん、逆のケースもあり得ます

音波さんが全ツに行けばフランソワーズです

早乙女さんの2度目のバウヒロもあり得ます


ただ星組は男役スターの多さに比べて

娘役が弱いですねえ

音波さん、早乙女さん以外にこれと言った娘役

いません

今さらですが、なんで華雅りりかさん組替えで

出したのか理解できません


さあ今後の星組について締めましょう


「REON」観たいんですけど現状は

ヤフオクでもおけぴでも良い席は出てませんね

さすが宝塚一番の人気男役です


これに対して「天使のはしご」は

ヤフオクで貸切公演の日のチケットが

350円でも入札無しでした


涼さんと彼女のファンの皆さん

これが現実なんですよ

「メイちゃんの執事」が350円なら

入札が殺到し定価まで値上がりしたでしょう


月組も娘1が最悪ながら新体制になりました

星組も正式に紅ゆずるさんを二番手男役と

認定し新体制にすべきです

いつまでも二番手が不定では困ります


涼さんも充分夢を見られたでしょう

お父様のおかげで星組の二番手の夢を

しかし、本当は歌劇団スタッフも

あなたの存在持て余してるんです

貸切公演ある限りクビは切れません

今回の全ツのジョルジュ役を契機に

渋い脇役になって下さい!


ちなみにですが加美乃素さんは

社長令嬢の寿ひずるさんが退団されても

現在でも貸切公演しておられます

コーナンさんも見習われたらいかがですか?


さあ締めの締めです


全ツは最新作を持って行くべきだ!

それも組のカラーに合った作品を

できればベストメンバーでやるべきだ!


昔の名作は大劇場で再演すべきだ!

中日で観た「ジャワの踊り子」なんて

麻実れいさん時代とは比べ物にならない

安っぽいセットと衣装に泣きました


何の為に四季や東宝並みの

馬鹿高い入場料取っているのだ!


作品のスケールを落とさない為やろが!!!

※もし、この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックして下さいませm(__)m
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村人気ブログランキングへblogram投票ボタン
※蘭寿とむさん・純矢ちとせさんの画像はCAPCOMのHPより引用致しました
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。