ベルばらブーム以前からの宝塚歌劇ファン、SKDのファン、OSKのファン、日劇のダンシングチームとミュージックホールのファン。それが私の人生そのものです



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



プロフィール

レビューの王子様

Author:レビューの王子様
FC2ブログへようこそ!

レビューの楽しさと素晴らしさ

命ある限り皆様にお伝えしたいです



カテゴリ



月別アーカイブ



カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
22位
アクセスランキングを見る>>



月別アーカイブ



お客様の数



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ SKD・OSK日本歌劇団へ
にほんブログ村

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


雪組公演 「ドン・カルロス」 「Shining Rhythm!」 最新レポート キャトルのお姉さん  ごめんなさい! 愛希れいかの公演スチールを退団者コーナーに移したのは私です!!!
OSK201106300061.jpg



こんにちわ。


キャトル・レーヴのお姉さん ごめんなさい!

またやってしまいました!

愛希れいかの「アリス」の公演スチールを全部

懐かしの退団者コーナーに入れたのは

私、レビュー王子です(笑)



その代わり!

「歌劇」「グラフ」「ルサンク」「公演パンフ」

合計3,400円のお買い物もしたんですよ


営業妨害なんてとんでもない!



さあ、お待たせしました

雪組公演最新レポート・・・


しかし、困りました

皆さんに何回でも観たくなる楽しいレポートを

お届けするとお約束しましたが・・・

そうすると・・・

嘘のレポートを書かなければなりません



つまり、御想像通りと思いますが

木村先生が「やっちまったんですわ」

今回の公演で以前から提案している「一幕見席」

つまりショーだけで5千円くらいの席を

是非儲けてほしいと痛感しました



皆さん、この「ドン・カルロス」のサブタイトルは

グランド・ロマンですよね

「グランド」とは申し上げるまでもなく

「大きい」「立派」「豪華」などを意味する

形容詞ですが・・・


こら!キムシン!どこが「豪華」やねん!

バウホールよりも安っぽいセット

木村先生、お客様を舐めたらあきませんよ

私の隣で観劇の御夫婦も言われてました

「装置に金かけとらん」

「衣装も観たことあるのばっかり」


そうなんです!

今や一般のファン方も衣装やセットの有物

つまり使い回しに気付いておられます


これから御覧になる方にショックを

受けないように申し上げておきます


セットは木の階段机の大きいのが三個だけ

それを組み合わせて教会にしたり異端審問の

裁判所にしたりです

ほんまにバウでももう少しましなセット

組まっせ!


それに何でもかんでもミュージカルにするな!

セリフで聞かせるべき所も歌にするから

印象が散漫で感動なんて出来ない


そのくせ!

「ロミジュリ」の逆パロディみたいなシーンは

出て来るわ

木村さん、自分がシェイクスピアになったつもりか

独白つまりモノローグが多い

それが余計に陰気臭さを増している


何より!

ルターの宗教改革を知らなければ

何が何だか分からないだろう

何故聖書を破って不満を書けば死刑から

救われるのか?


正直もう一回観劇したいとは思いません

とにかく退屈、陰気、難解

安物のオペラみたいに歌だらけで

心に残るセリフがない

衣装も過去の公演の有物

セットはバウ公演より安っぽい

まあ、涼花さんなど退団者に役を与え

座付作者の最低限の仕事はしているが


木村先生!

あなた、「歌劇」一月号の年頭の挨拶で

「天命を知る年となります」と書かれましたが

この「ドン・カルロス」を創ることが

あなたの天命だったのですか?


ちなみに今日は男性のお客様・外国のお客様

大変多く嬉しかったのですが・・・

皆様、爆睡しておられましたよ(涙)



本当に残念ですが「ドン・カルロス」は

愛読者の皆様に是非観て下さいとか

面白いですなんて言えば

私は大嘘つきになってしまうでしょう

あの変な演出では・・・

とてもじゃないですが

観劇をおすすめできません!


ああ、音月桂さんの雪組はなんで

良い芝居に恵まれないのか

「ロミジュリ」「仮面の男」に続いて

ドラマは三連敗です

「復活」「エドワード8世」に続いて

オリジナルミュージカル作品の

三連勝を期待していたのですが・・・

輸入ミュージカルは好きでない私ですが

「フットルース」に期待します




さあ、これに対して「Shining Rhythm!」は

最近にないレビューの秀作です


一番の成功は新しい振付の先生

特にブライアント・ボールドウインさんの

振付が素晴らしいです

ジャズの曲のダンスは数多く観て来ましたが

今回のような振付は初めてです

※スポニチの薮下さんが正反対のことを

書いてると情報頂きました

それは薮下さんが長年宝塚を観ていて

パディ・ストーンなどの外人振付家を

知っているからです

確かにパディ・ストーン風の振付でしたが

今の若いファンには斬新なはずです!


ラテンのブロックでケイさんが客席下手から

登場される時は大握手大会になります

(但し!お客様が中央通路より後方の

S席・A席におられる時だけですが)


ああ、今まで音月桂さんをキムさんと

お呼びしてましたが今日ファンの人に

キムさんて誰も呼んでない

「ケイさん」とお呼びしていると教えて

頂きました


それと!

未だに一部に誤解しておられる方がいます

私はケイさんアンチではない!

ケイさんの大ファンで大きな男役スターに

なってほしいからキツイ事も言うのです

ケイさんには大きな華があります

これは天性のものです

その華やかさを宝塚の為に生かして

人気NO.1のトップになってほしいです



それにしても、愛加あゆに対する歌劇団の

この力の入れようは星宙で姉妹トップ誕生の

前兆ではないでしょうか・・・


ロケットの内容は良かったです

今回のショーの特徴としてどの場面も

たっぷりダンスが楽しめる事です

ロケットもいつも二三回足あげたら

お終いなのに今回は限界まで足あげ

してくれました

ダルマの衣装もまあまあのハイレグ


し!か!し!

お尻を布で隠すな!!!

お尻を見せたらいけないのなら

オリンピックのほとんどの競技は

宝塚ではダメと言う事になる!

そんなアホな!


シンクロがいやらしいのか?

女子体操がいやらしいのか?

ビーチバレーがいやらしいのか?

陸上競技なんて今はツンブラつまり

ビキニデザインやで!


ドアホ!!!

宝塚歌劇の生みの親の小林一三先生は

御著書の中でハイレグやツンブラは

禁止なんて書いておられません!!!



さて、私が今回のレビューで一番感心したのは

ラテンのブロックでミミちゃんが着た金色の

総スパンコールのドレス

あれは、あれだけは、さすが宝塚と言うべき

豪華さでした

キンキラキンで裾がボアの豪華なドレスです


フィナーレ前の「マイ・フェアレディ」メドレー

最高に宝塚らしかった

「シェルブールの雨傘」のデュデットダンスも

アレンジがスパニッシュで面白かった


エトワールは透水さらささん

やはり、エトワールは娘役でなくちゃ!!!


パレードの順番を逆から言いますと

音月桂さん
 
 ↓

舞羽美海さん

 ↓

早霧せいなさん

 ↓

未涼亜希さん

 ↓

緒月遠麻さん・愛加あゆさん

 ・
 ・
 ・
エトワール 透水さらささん


銀橋パレード下手の先頭は早霧さん

舞羽さんは音月さんの後ろでした

その次が未涼さん

緒月さんは早霧さんの次でした


衣装は娘役はブルーの羽根ドレス

男役は黒燕尾

未涼さん 水色のスパンコール 小さい羽根

早霧さん 青色のスパンコール 大きい羽根

舞羽さん 白のスパンのドレス 大きい羽根

音月さん 赤色のスパンコール 大羽根とボア

実は全部パンフに載ってる衣装です




さあ書き足りないのですが締めましょう


小林公一理事長は「歌劇」の今月号の

御自分のコラムで月組新体制について

こんな頓珍漢なこと書いてます


月組新体制について

「基本的にはトップスターとトップ娘役がいて

彼女たちを中心に組は形成されるのであろうが

各組にはそれぞれ特徴があり、これからの

月組の体制にはこの形が適切だと思っている」


「但しこの体制は、以前に行なわれたことがある

ダブルトップ体制とは全く異なっている

つまり月組のトップスターは龍真咲であり

各組のトップスターが集う場合には龍真咲が

そこに参加することになる」


「それでは準トップスターの位置付けは

どうなるのかと言うと、これはトップスターが

演ずる役を作品によっては役替り公演が

出来る立場にあると考えている」


はあ~あのなあ、アホ理事長

それをWトップ体制と言うんですわ!!!


準トップスターとは以前も書きましたが

昔なら、但馬久美、尚すみれ、新城まゆみ

今なら、涼紫央、悠未ひろ、十輝いりす

北翔海莉そして


今回の雪組公演で大活躍の未涼亜希さんと

緒月遠麻さんです

丁度良い機会です

準トップと正式二番手の違い御説明しましょう


今回の雪組のレビューのプロローグは

いきなり音月さん、早霧さん、未涼さんが

登場されます

未涼さんは早霧さんと同等の扱いです


しかし!

仮に本当に仮定の話ですが

音月さんが電撃退団したら次期トップは

100%正式二番手の早霧さんになります

未涼さんの可能性はありません


私は今年の年頭「インフィニティ」を観劇して

未涼さんの男役スターとしての素晴らしさを

再認識しました


しかし、残念ですが人気も実力もあるのに

未涼さんは「準トップ」でありトップの

可能性はありません



小林理事長が宝塚のこと何も御存じないと

思ったのが次の一文です

「各組にはそれぞれの特徴があり、これからの

月組の体制にはこの体制が適切だと思っている」


絶対に違います!!!

小林理事長は宝塚の各組の現状を

何も分かっておられません


新体制月組ほど役替り公演が

似合わない組はありません

小林理事長の理屈は花組か雪組なら

当てはまります


しかし!

龍さんと明日海さん

全く個性の違う男役です

色で言うなら

龍さんは赤、明日海さんは青です

龍さんが炎なら、明日海さんは氷

龍さんが太陽なら、明日海さんは月


なんか明日海さんが暗い大人しいイメージですが

そうではありません

明日海さんも明るい楽しい方です


一番分かり易い例を挙げましょうか?

理事長は何でも役代わりできる便利屋みたいに

龍・明日海コンビを書いておられるが


「風と共に去りぬ」を再演した時

「ベルばら」を再演した時

「オルフェウスの窓」を再演した時

「エリザベート」を再演した時


スカーレットもオスカルも

ユリウスもエリザベートも

明日海さんしかできません!

龍さんにはできません!



つまり役替り公演と言うのは理事長が考えて

おられるほど簡単ではないんです!


さあ締めの締めは簡潔に!


沢山頂いた愛希れいか擁護派の皆様への

お返事は次回に反論!させて頂きます


一言だけ良いですか?

今日男性のお客様いやファンの方が

非常に多かった

嬉しいですね

やはり雪組の美しい娘役たちが呼んだのです

特に舞羽美海さんは天使のようでした!!!


でも客席は空席が目立ちました

せっかく、ケイさんが下手ドアより登場しても

「RSF!」と同様空席に手拍子する有様です


小林理事長

あなたにもメンツはあるでしょう

一回値上げした料金を簡単には値下げできない


ならば!

料金は現行のS席8千円 A席五千五百円で良い

但し!SS席を廃止して座席を2008年の

状態に戻すべきだ!


SS席でなんぼ儲けてるか知らんけど

そのおかげでファンの印象が悪くなり

他のS席A席の売り上げが大きく落ちて

全体では大きなマイナスになってることに

なんぼアホでも

ええ加減気付きなさい!!!



そして!

人件費の削減に真剣に取り組むべきです

とにかく女性スタッフが多過ぎる

今日のキャトルの入りならレジは2人で

充分応対できたはずです

レストランも各ショップも従業員が

多過ぎます

ヒマそうにしてる女性スタッフが

大勢います

その人たちを適正人数まで削減すれば

入場料金値下げさえ可能です!


アホの一つ覚えですよ!

すぐに入場料金値上げするのは

無駄な人件費を削減すれば

2008年の料金体系に戻せます!!!


※もし、この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックして下さいませm(__)m
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村人気ブログランキングへblogram投票ボタン
※音月桂さんの画像は日刊スポーツ2011年6月30日の記事より引用致しました
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。