ベルばらブーム以前からの宝塚歌劇ファン、SKDのファン、OSKのファン、日劇のダンシングチームとミュージックホールのファン。それが私の人生そのものです



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



プロフィール

レビューの王子様

Author:レビューの王子様
FC2ブログへようこそ!

レビューの楽しさと素晴らしさ

命ある限り皆様にお伝えしたいです



カテゴリ



月別アーカイブ



カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
22位
アクセスランキングを見る>>



月別アーカイブ



お客様の数



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ SKD・OSK日本歌劇団へ
にほんブログ村

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


異議あり! 「ロミオとジュリエット」月組公演のポスターは矛盾のかたまり! 小池修一郎はポスターの重要性を理解せぬドアホでありドアホの小林公一理事長ともども早く退団すべきである!!!
ROMIJURI01.jpg


img_369563_13644493_0.jpg



s57rara504121.jpg


s47harupanpuphyousi1.jpg


flier_l.jpg


いきなりですが

皆様、この日本の四大レビューチームの

公演ポスター

上から

アホの小林公一が理事長になってからの宝塚

まだレビューの伝統守ってた頃の宝塚

SKD松竹歌劇団

日劇ダンシングチーム

OSK日本歌劇団

単刀直入にお聞きします

どれが観たくなりましたか?

逆にどれが一番観たくないですか?

私ですか?

答えは単純明快です

一番上以外は全部観たいです!!!





改めましてこんにちわ。

レビュー王子です

本題の前に

前回は沢山のコメント有難うございました

それで前回は二つの論争があったと思います

蘭乃はなちゃんを巡る「みゆ様とdk様」

音月・舞羽コンビを巡る「まるみ様とその意見に

反対の皆様」


私は以前ファンの方が不快になるコメントは

載せないとお約束しました


忘れておりません

ただ、今回のまるみ様のコメントに関しては

批判ではなくファンなら誰でも知りたい情報と

判断して掲載致しました

そして、多少迷いましたが、それに対する

批判と反論のコメントも載せさせて頂きました


決してまるみ様だけをかばうのではありませんが

お書きになっておられる様に

私のブログのコメント欄は「歌劇」の投書欄とは

違い本音で語り合える場にしたいと思っています

宝塚に都合の良い意見とお世辞の投書欄と

全く違う「真実を書いてもらえる」コメント欄

そして「真実のための論争ができる」コメント欄

それが私の理想です


必要最小限度のマナーを守ってくださるならば

どんなコメントでも掲載させて頂きます

まるみ様も「さよなら」なんて言わないで

また是非コメント下さいませ


さあ、そのコメントの中で「雪組ファンの男」様

何の影響力もない私のブログなのに「王子の

ブログは影響力ある」とお褒め下さったので

御所望の「ドン・カルロス」の良い点ですが・・・


う~ん、何て言ったらいけませんね(笑)

やはり、ラストシーンが爽やかで明るいこと

未涼さんの父上の「世界中を旅して来い」も

当時世界の三分の一を支配していたスペイン

フィクションとはいえ良いリアリズムがあり

さらに粋なはからいで恋人の舞羽さんと二人で

ハネムーンも兼ねて行って来いとは素敵です


「雪組ファンの男」様、すいません

ここだけですかねえ・・・

大体!

プロローグで黒い眼帯した貴婦人が出て来た時

「ああ、木村さん、また変なことしやがった」と

客席でため息ついたんですから


まだ御覧になって無い方の参考に申しますと

スペイン版の「源氏物語」です

つまり父親と息子が三角関係になるけれど

すべては誤解でハッピーエンドになります


しかし!私は前回の「仮面の男」の方が

よっぽど面白かったですがねえ・・・






さあ行間をぐっと開けて本題でございます

「ロミオとジュリエット」月組公演の

ポスターが公開されましたね


ドアホ!あんな気色の悪いポスターで

誰が見たいと思うねん!

それに明日海りおさんが載ってない理由を

説明しろ!

あんたらの理屈やったら明日海さんは

トップに準じる存在で二番手以上で

トップ未満の存在なんやろ?

おかしいやないか?

明日海さんがポスターに載らないのは!!!


Leslie Keeて誰やねん?

アメリカのポルノ女優みたいな名前付けやがって

小池のアホはなんでも外人のスタッフ使う

だからポスターが陰気臭いんや!


ええか!アホの今の宝塚のスタッフども!

ここから大事や!よう聞きさらせ!

あのなあ、昔は春になれば

東京はSKDの「東京踊り」や

日劇ダンシングチームの「春の踊り」

大阪はOSKの「春のおどり」や

宝塚の「春の踊り」


季節感があふれて誰でも観たくなる

明るく華やかなポスターが

街角に駅にあふれてました


こんな良い時代もあったんですよ

阪急と近鉄が提携して

阪急沿線にもOSKのポスターを貼り

近鉄沿線にも宝塚のポスターを貼る

もちろん電車の中吊り広告も両方の

ポスターを吊りました

本当に良い時代でした


小池修一郎には早く宝塚辞めてほしい

本気ですよ!

小池が台頭してきてから宝塚がおかしくなり

暗く難解で衣装や装置が安っぽい作品が増えて

一部のミュージカル通しか楽しめなくなりました


こら!アホの小池!

お前がミュージカルのオープニングに

ショー場面をやらなくなって前物が

楽しくなくなったんや!

お前は経営陣に安い製作費で作品作る

演出家として重宝されてるかもしれんけど

ファンが大迷惑や!


昔の宝塚のミュージカルは

植田紳爾先生、柴田先生

阿古先生、菅沼先生、太田先生・・・

そしてや!

お前の師匠の大関弘政先生も皆様プロローグに

豪華なショー場面を付けられた

それが宝塚ミュージカルの基本やったんや!

お前がいきなり芝居から始る形をやりだして

宝塚は安っぽくなったんや!


そんで今回の「ロミジュリ」のポスター

何で愛希れいか横向きやねん?

星組公演の時はねねちゃんやから

横顔でも綺麗やったんや!

愛希れいかの場合は後ろ向きやろ!

つまり顔を見せたらあかんやろ!


今回の公演ポスターの理想の構図はなあ

龍さんと明日海さんが同じ大きさで対峙し

愛希れいかがオカルト映画「リング」の

貞子のように小さく後ろ向きに写ってる

それがベストなんや!!!


さあ小池と愛希れいかに厳しく締めましょう

このメンバー表を見て下さい

ロミオ       ジュリエット

峰さを理     若宮あいの

大地真央     葦笛るか

天海祐希     麻乃佳世

水夏希      彩乃かなみ


戦前は春日野八千代さんや神代錦さん

南悠子さん(初代虞美人)もおやりになった

そうですが当然生まれてません

しかし!峰ちゃん以下の時代のメンバーを

今見てもすごいメンバーです


特にジュリエットが美しい娘役ばかり

若宮あいのさんは本当に超美人だった

ただ、不運な事に当時星組には南風まいと言う

小林公平理事長爆押しの娘役がいたので

トップにはなれませんでした


葦笛るかさんも娘1候補の一人でしたが

芸能界に転出されました


麻乃佳世さん、彩乃かなみさんについては

説明の必要もないでしょう

img_540480_14359215_0.jpg


いずれも美しく可憐なジュリエットばかり

「美しさ」「可憐さ」・・・

ああ、愛希れいかにそれらを求めるのは

八百屋さんで鯛くれ!と言うほど無理です


今までも書いて来ましたけれど

宝塚には柴田先生版

酒井先生監修の景子先生版

素晴らしい「ロミオとジュリエット」があります


それなのに!

「世界中で大ヒット」とのコピーにだまされ

莫大な版権料を払い、その負担を入場料金や

書籍、DVDの値上げでファンに負わせる

頭の悪いおぼっちゃん理事長小林公一!

早く辞めてくれ!!!


締めの締めはこれだ!

「凍てついた明日 ボニー&クライド」

これを初めて観た時

「荻田浩一君は天才だ」と思いました

香寿たつきさんと月影瞳さんの時でしたが

本当に感心しました


同じ「こういち」でも

浩一は天才 公一はただのドアホ

大違いです

公一が辞めて 浩一に残ってほしかった


そして、あらためて言う

こら小池修一郎!!!

輸入ミュージカルの潤色しか能が無い

お前なんか宝塚のエースなどではない!

今公演を最後に退団しろ!

東宝ミュージカル専属の演出家になれ!

代わりに荻田君に再入団してもらえ!

※もし、この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックして下さいませm(__)m
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村人気ブログランキングへblogram投票ボタン
※今回引用致しました各ポスターの著作権はそれぞれの歌劇団に帰属するものです
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。