ベルばらブーム以前からの宝塚歌劇ファン、SKDのファン、OSKのファン、日劇のダンシングチームとミュージックホールのファン。それが私の人生そのものです



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



プロフィール

レビューの王子様

Author:レビューの王子様
FC2ブログへようこそ!

レビューの楽しさと素晴らしさ

命ある限り皆様にお伝えしたいです



カテゴリ



月別アーカイブ



カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
260位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
13位
アクセスランキングを見る>>



月別アーカイブ



お客様の数



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ SKD・OSK日本歌劇団へ
にほんブログ村

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


異議あり! 今回の花組公演「復活」「カノン」がコケたのは生徒・スタッフの責任じゃない! 経営陣の無能と怠慢が原因である! 花組には大きなテコ入れが必要だ! 紅ゆずるさんと壱城あずささんを路線上の二番手・三番手として異動するべきだ!!!
ranjyu01.jpg


こんにちわ。


レビュー王子です


花組公演千秋楽おめでとうございます

作品の評価の高さと観客動員が結びつかない

典型の様な公演でした


さて最近沢山コメント頂戴致しますが

その中でも「ちゃぴのドブスネタは飽きた」との

お声沢山頂きました

もちろん意図的にマンネリにしているのではなく

この問題が今の宝塚にとって最重要問題と考え

毎回取り上げているのです


皆様、こんなこと何を今さらのお話ですが

宝塚歌劇は5組体制です

しかし、将来の事はともかく

突然トップや二番手の退団が無い限り

雪組・星組・宙組は当面安泰です


私がブログを始めさせて頂いて間もなく一年

その間実に花組と月組の記事が6割近くで

他の三組を足しても花組一組分にもなりません


では何故花組と月組の記事ばかり

書いてきたかと言えば


今直近の解決しなければならない問題を

抱えているのが花組と月組だからです


今日はその花組大特集です


①7年間も同じメンバーなんて!


いきなりですが・・・

「エンター・ザ・レビュー」と言う作品を

御存じですか?

2005年の初舞台生公演ですから

丁度7年前になります


し!か!し!

驚くなかれです!

未涼亜希・愛音羽麗・華形ひかる・朝夏まなと

高翔みず希そして蘭寿とむ


いいですか!今の花組じゃないんですよ!

7年前のメンバーです

もし、まっつさんが異動しなければ

現在のメンバーとほとんど変わりません


これじゃあ人気が出ないのは当たり前です

他の組を見て下さい


龍さんが大運動会のイス取りゲームで

名を挙げたのは唯一の例外です

それ以外の明日海・早霧・凰稀

そして紅5のメンバーも

当時は影も形もありませんでした


皆さん、この4年間ほどで急成長されたんです

それに対して花組は・・・


望海風斗さんはバウ主役すらさせていない


真野すがた・望月理世・祐澄しゅんと言った

期待の男役はあっさり退団してしまう

特に真野すがたさんの退団は早過ぎましたし

祐澄しゅんさんの退団は意外でした


そして朝夏まなとさんはやっと成長してきたかと

思いきや!宙組に異動!


あのですねえ、華雅りりかちゃん(娘役)を

要らんとは言いませんよ

でも花組に必要なのは人気のある男役スターを

他の組から組替えで取ることです


7年間も同じメンバーではファンに飽きられ

人気が落ちるのも当然のことです


逆に考えれば歌劇団の上層部はこの7年間

花組に何をしたのか?

お世辞にも人気のあるとは言えない真飛さんを

押し付けて「ボタンの掛け違い」やった


つまり、以前も申し上げましたが

オサさんからゆうさんを挟まないで

直接まゆさんにトップの座を交代すべきでした


ゆうさんも悪い方ではありませんが

まゆさんと比べれば大将(トップ)の器では

ありませんでした


オサさんから受け継いだ人気と言う財産を

ゆうさんの時代に使い切ってしまいました


まゆさんの花組の客入りの悪いのは

前任者がファンを減らしたことと


今まで花組に何のテコ入れもしてこなかった

劇団上層部の無能と怠慢です!



さあ文句ばかり言っていても始まりません

具体的に名前をあげて

私のテコ入れ案をお聞き下さい


今回の月組の新体制で明日海りおさんの

花組異動は無くなりました

自分の案を自分で褒めるのもおかしいですが

実に良い案だと思ったのですが・・・


最善策がダメなら次善策です

星組からできれば二番手の紅ゆずるさん

それが無理なら紅5の壱城あずささんを

もし可能なら両人ともども

組替えで花組にもらうべきです


とにかく今の花組の男役メンバーには新鮮味が

全くありません

新しい血を入れるべきなんです!!!


具体的には

男役トップ  蘭寿とむ

娘役トップ  蘭乃はな

男役二番手  紅ゆずる

男役三番手  壱城あずさ

準トップ   壮一帆


もし、これが実現したら花組の観客動員は

爆発的に伸びると思います


②宝塚の宣伝の下手さは悪しき伝統である


ロシア民謡は日本人に馴染みのある曲も

多くて良い曲ばかりです

しかし、やはりロックやジャズやシャンソンや

カンッオーネ、ラテン、スパニッシュなどの

他の国の曲に比べると暗い感じは否めません


また原作のトルストイは一度は読むべき

人類の財産的な著作が多いです

しかし、トルストイが難しいことも事実なんです


23年前「戦争と平和」が上演され観劇しましたが

やはり暗く重く難しいイメージがありました

今スカステで見ると全然難しくなく面白いのです

しかし、あの当時は理解できませんでした


「復活」は本当に良い作品なんです

近年のオリジナル作品では最高の出来と

お世辞じゃなく本当にそう思います

「カノン」も楽しいレビューだった


次にキャトルレーヴに行くのは

四月上旬の宙組公演の予定ですが

「復活」「カノン」のDVD買います

キャトルレーヴに出入り禁止に

なっていなければですが(笑)


どうして今回の花組公演の良さを

もっとたくさんの方が理解して

劇場に足を運んで下さらなかったのか


ちょっと話がそれますけれど

最近の公演ポスターで私が最高に評価するのは

星組の「愛と青春の旅立ち」のポスターです


ねねちゃんが士官帽をちょこっと斜めにかぶり

ちえちゃんに抱きついてるポスター

あれは見事に観客の心をつかみました

事実、作品もポスターも大好評でした


皮肉だなあと思うのは、今回の雪組公演

「ドン・カルロス」は超陰気臭い作品なのに

ポスターは明るい暖色系で

構図もミミちゃんがケイさんに

可愛く抱きつくポーズです

なんか作品の内容と全然違うなあと思います


逆に「復活」は全然暗くも難しくもない

分かり易い娯楽作に仕上がっているのです

それなのにポスターやスカステのCMが

間違ったイメージを伝えてしまいました

これは大きな損失で観客動員にも響きました


さあ長文深謝 締めましょう


芹香斗亜さんや春風弥里さんが戦力にならない

とは言いません


今年音校から首席で入団した子のお父さんと

芹香さんのお父さんはライバルだった

南海ホークスと阪急ブレーブスのエースとして

投げ合ったのです


しかし、それだけでは話題性が弱いし観客動員も

期待できない


やはり!これしかない!

地上波のプライムタイム・ゴールデンタイムに

関西ローカルで良いからCMを流すべきだ

人気番組(家政婦のミタなど)内のCMは億単位

番組間の安いCM枠でも効果はあると思う


とにかく宝塚の上層部の頭の中は40年以上

遅れている!

宝塚歌劇と言えば「ベルばら」で誰でも知ってる?


ドアホ!!!

ここから大事や!よう聞きさらせ!

今の若い子はなあ

宝塚歌劇の存在すら知らない子が大部分や!

「ベルばら」ブームなんて40年前やで!


皆さん

AKB48が何故人気があると思われますか?

それは極めて単純な理由なんです

AKBを好きであろうと嫌いであろうと

AKB48と言うアイドルグループの存在は

多くの日本人が知っています


例えばこんな実験してみて下さい

東京の渋谷・大阪の難波・名古屋の栄で


AKBのメンバー

板野友美・秋元才加・高橋みなみ

前田敦子・大島優子


宝塚の男役トップ

蘭寿とむ・龍真咲・音月桂

柚希礼音・凰稀かなめ


この10人の顔写真を載せたパネルを見せて

誰の名前を知ってるか聞いてみて下さい


はっきり言って勝負になりません

AKBは誰でも、例え名前が言えなくてもテレビで

見たことあると言う方が圧倒的でしょう


宝塚の場合はヅカファンでない限り

見たことも聞いたこともないと言う方が

ほとんどでしょう


歌劇団はもっと危機意識を持つべきです

宝塚歌劇を観たことあるない以前の問題として

宝塚の存在を知らない世代が増えてるんです!


無理な五組体制年間10公演に見限りをつけて

四組体制年間8公演に戻すべきだ!

東京通年公演は大劇場の観客を減らす上に

今回の花組公演にみられるように

東宝自体が客入りが最近は悪い!


おまけにTCAスペシャルでは

三組(+轟悠様)しか揃わない

理事さんは出なくていい!

昔のように四組のトップコンビが

全員出てほしい!!!


一番人気の無い組を解散して

その製作費や人件費を広告宣伝につぎ込み

宝塚の存在を日本中に知って頂く

これしか宝塚を救う道はあり得ません!


そして!大劇場で遊んでいる女子社員を

全員営業に回しセールスレディとして

日本中の学校や会社を回らせる!

ええか!お前ら!

一人10件の団体観劇の予約

取れるまで宝塚に帰って来るな!!!


※もし、この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックして下さいませm(__)m
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村人気ブログランキングへblogram投票ボタン
※蘭寿さんの画像はサンケイスポーツ2012年2月10日の記事より引用致しました
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。