ベルばらブーム以前からの宝塚歌劇ファン、SKDのファン、OSKのファン、日劇のダンシングチームとミュージックホールのファン。それが私の人生そのものです



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



プロフィール

レビューの王子様

Author:レビューの王子様
FC2ブログへようこそ!

レビューの楽しさと素晴らしさ

命ある限り皆様にお伝えしたいです



カテゴリ



月別アーカイブ



カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
419位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
23位
アクセスランキングを見る>>



月別アーカイブ



お客様の数



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ SKD・OSK日本歌劇団へ
にほんブログ村

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レビュー王子「復活」記念  PART1 音月桂の寿退団を批判するのは宝塚の歴史を知らないドアホである!!! 



(今回の宙組公演「華やかなりし日々」で使われている「A pretty girl is like a melody」です。ジーグフェルドフォリーズのテーマソングでもあり、レビューと言えば、この曲なのです。
宝塚の本公演でつかわれるのは、大浦みずきさんのニューヨーク公演の試演作品「フォーエバー・タカラヅカ」以来、24年ぶりのことです。
 作曲のアービン・バーリンは「彼こそアメリカ音楽そのものだ」と言われた大作曲家。皆様も「ショーほど素敵な商売はない」や「ヒート・ウエーブ」、「シンプル・メロディ」など御存じの曲も多いと思います。
 今年の初舞台生は見事に美人揃い。残念ながら休演者が一人出ましたが39名が「オーバー・ザ・レインボウ」の曲で元気にロケットを踊っておられました。
 まあ、初舞台生は可愛らしさが売り物だから、あんなバレエのチュチュタイプのお衣装で良いけれど、組配属されたら、お尻が半分以上見えるハイレグや超ビキニのツンブラになってもらいますよ。
 とにかく、総勢110名の大レビューなんて世界でも宝塚だけです。そして、お芝居のラストに出て来るジーグフェルドフォリーズの舞台はまさに「本当の宝塚のあるべき姿」です。
 韓流スターやジャニーズやAKBのパクリばっかりやっている今の宝塚のショー作りに私は大きな疑問を感じるのを禁じ得ません。
 邦題の「美しい娘は音楽のようだ」とは、まさにタカラジェンヌのことなのですから!)




こんにちわ。


レビュー王子です


早速ですが恒例の・・・


キャトルのお姉さん方 ごめんなさい

愛希れいかの公演スチールに

「このスチールを買うとあなたは不幸になります」

と書かれたシールを貼ったのは私です


またアホなアンチの連中が威力業務妨害なんて

言って来るでしょうが、とんでもない!


いいですか!

「歌劇」と「グラフ」と「ルサンク」を二冊ずつ

それに今年の「宝塚おとめ」で6,300円!

お買い上げになったんでっせ!


ええか!キャトルのアホ姉ちゃんども!

岩倉市でも「歌劇」と「グラフ」は買える


「ルサンク」や「おとめ」もお願いすれば

本屋さんで取り寄せてもらえる


それを!あえて!キャトルで買ってるねんで

月組の粗大ゴミの愛希れいかの公演スチールに

悪戯しても許されるはずや!!!



さて御迷惑と御心配をおかけしましたが

「レビュー王子復活記念」と致しまして

今日から二日に一度のペースで

5回連続投稿致します



コメントでも頂きましたが

言いたいことがあり過ぎて

脳みそバーン!になりそうなので


しかし、それが無事済みましたら

今までの二日に一度の更新を

三日に一度、つまり月曜日と木曜日の更新に

変更させて頂きたいのです


一つは私の体調の問題もありますが

今回コメントで頂いた中に

「更新が早過ぎて付いていけない」と言う

御意見がありました

それで体調が万全になるまで実験的に

三日に一度の更新にさせて下さい


もちろん!その分は記事のボリュームアップで

カバーしますし臨時増刊号もスターの退団などが

発表されたら速攻で出しますので


では今日の記事をお読み下さいませ

但し!これだけは御理解下さい

私はキムのこと好きなんですよ

決して嫌いじゃないんですよ

ただ今回の退団騒動があまりにも

ファンを洗脳してるのであえて書きました



PART1

音月桂の寿退団を批判するのは

宝塚の歴史を知らないドアホである!


まず、また豹変しやがったと思われるでしょうが

「ケイさん」と呼ぶの止めます

やっぱり、キムの方が親しみやすいです


さあ、いきなり今日のメインイベントです


キムファンよ!

だまされるな!

キムは悲劇のヒロインではない!

劇団が切ったんじゃない!

結婚と女優転向の両方を手に入れたい

つまり!

ファンのことなど少しも考えない

自分の「色と欲」の為だけの自主退団です


それなのに!

キムの私設FCサイドが流した偽情報

観客動員の悪さの責任を取らされた

「悲劇のヒロイン」なんて(大笑)


アホか!

それやったら花組のまゆさんかて解雇か?

アホちゃうか?


今回のキムの退団騒動はねえ!


キムの心を代弁するなら

「ああ、こんなトップスターみたいな

責任の重い仕事辞めたいわ

真矢みきさんみたいに売れっ子女優に

早くなりたいわ

私ならなれるはずよ

それに彼とも早く結婚したいし

まひるちゃんみたいに赤ちゃんもほしいわ」


ええか!キムのファンの皆様方よ!

これがキムの本音や!

あんたら洗脳されてるで!


何がVISAカードのイメージガール契約が

切れたからや?

大劇場の下手のキムのVISAカードの看板

新しくなってたやないか!

大体ねえ、契約は普通「年度制」やで

12月で切れる契約なんてありません!


それとですねえ

退団記者会見のキムの表情に

騙されてはいけません!

いつも、ヘラヘラ笑ってるから

たまに真面目な表情したら

悲壮感を感じられるだけの話


今年の正月の年度式の挨拶

スカステで見ましたが・・・

大きな口を開けてお笑いだったのは

皆様の大好きな音月桂さんだけでした

トップスターの自覚が全くない!!!


それなのに!!!

キムが寿退団すると予想的中させたことに

沢山の反発のコメント頂きました



がああ!!!




いいですか!

あんたらなあ

小林一三先生が何の為に宝塚を創られたか

知ってますか???


なーんも知らんみたいやから

教えたるわ

逸翁はなあ、宝塚を・・・



花嫁学校



として創られたんや!


ええか、先日亡くなられた淡島千景さんの時代は

舞台に出るのは三年間だけ

その後は結婚するという決まりまであったんや


ええか、逸翁はタカラジェンヌを

大正時代のAKBやSKEにする為に

芸能人養成所として宝塚歌劇団を

お創りになったのではない!!!


もし、キムが寿退団やったら

こんなにタカラジェンヌの本道

小林一三先生の理想を実現した

退団は最近ではなかったことです


ドアホ!!!

寿退団のどこが悪いねん???

反対やろ!

絶賛されて良いはずやで!

それを批判するなんて・・・

キムのファンの方は宝塚の歴史に

無知な方ばっかりですか?


私の予想は当てにならないことで有名です

し!か!し!

これだけは断言出来ますよ

キムは来年結婚します

キムは来年芸能界デビューします


もし、この予想のどちらかでもはずれたら

キャトルレーブを一日貸切にして

「全商品100円セール」します!!!


そして!

次期雪組のトップスターですが

私は未涼亜希さんが良いと思います


まっつさんなら人望もあるし

自分の事しか考えないキムと違い

雪組の組子の事を考えてくれます


まっつさんで来年1年間

そして100周年に早霧さんにバトンタッチ

これがベストです


最後に舞羽美海さんのことです

結論だけ申し上げます


ミミ!辞めるな!

キムなんかに殉職退団なんて馬鹿げている!

もし劇団に残れば!

君には今の宝塚で最高の男役スターの相手役を

できる可能性もあるのだ!


ライバルは多いですよ

伶美うらら、早乙女わかば、愛加あゆ、仙名彩世


プリンス・オブ・タカラヅカ

明日海りお様の相手役になるのは

全ての娘役の憧れなのですから


明日海りお・舞羽美海のゴールデンコンビ


それは私の夢です


でも・・・


一言だけ・・・


来年君は



緑のドレスから青のドレスに



着替えているだろう




ヅカファンなら意味お分かりですよね


※もし、この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックして下さいませm(__)m
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。