ベルばらブーム以前からの宝塚歌劇ファン、SKDのファン、OSKのファン、日劇のダンシングチームとミュージックホールのファン。それが私の人生そのものです



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



プロフィール

レビューの王子様

Author:レビューの王子様
FC2ブログへようこそ!

レビューの楽しさと素晴らしさ

命ある限り皆様にお伝えしたいです



カテゴリ



月別アーカイブ



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
433位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
22位
アクセスランキングを見る>>



月別アーカイブ



お客様の数



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ SKD・OSK日本歌劇団へ
にほんブログ村

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


異議あり!私設ファンクラブはすべて解散しろ!!!
f0fcb1e2ca21fceacbc4869f6236cb3b.jpg

子供の頃から不思議やったんですけど、「歌劇」の質問コーナーに「生徒さんのファンクラブにはどうしたら入れますか」との質問に、答えはいつも「宝塚歌劇は生徒個人のファンクラブを認めておりません」て・・・

建前ばっかりの答えするな!!!

私設ファンクラブは堂々と存在しとるがな!!!


私自身、一度も特定の生徒さんのファンクラブには入った事はありません。

誘って頂いた事は数えきれないほどあります。好きな生徒さんに年賀状や暑中見舞いを送ると、必ずファンクラブへのお誘いのお返事がありました。

今見返しても錚々たるメンバーです。この何十年間の宝塚のスターの歴史が一目で分かります。

そんなに誘って頂いても何故入会しなかった(今も入会していない)のかと言えば、それは・・・

ファンクラブの存在と運営に大きな疑問があるからです

たとえば、若手の男役が研三ぐらいでファンクラブを持ったとしましょう。

その代表になられた方は、その生徒の組の主な上級生のファンクラブの代表に挨拶回りしなければならないそうですね。

まるで、暴力団の襲名披露と同じやないか!!!

おまけに公認されてないのが建前なのに、歌劇団にも届を出すとは・・・

ほんまに警察と暴力団の関係と同じじゃないですか

そして、お金の問題です。良い噂を聞いた事がありません。

いえ噂などではなく具体的に申し上げましょう。

一枚980円程度のトレーナーがなんで1万円もするのですか。

お茶会にしてもそうです。紅茶とケーキだけで6千円も取るのは何故ですか。

これらの行為は明らかに利益が発生しています。

そして、主催者のファンクラブは「事業行為」を行っています。ならば・・・

ちゃんと事業所得税は払っているのですか!!!

いや、大きなファンクラブでは税理士を雇ってるみたいですねえ・・・

しかし、それならば何故・・・ディスクロージャー(情報公開)つまり

会員に収支報告書を出さないんです!!!

会費なども含めお金の流れがあまりに不透明です

そして、最後に代表や幹部と呼ばれている人たちの人間性です。

もちろん、人間的にも素晴らしい立派な代表さんや幹部さんもおられますが・・・多くは・・・

お前ら一体何様のつもりやねん!!!

と言いたくなるような、自分自身を勘違いしておられる代表や幹部がおられます。

あのですねえ、代表や幹部は特権階級じゃないんですよ。あくまで生徒とファンのパイプ役です。

代表制(幹部制)を止めて民主的なファンクラブにしろ!

年に1回は会報で収支報告をしろ!

入金元・出金先はもちろんのこと

何よりも剰余金の金額を明らかにしろ!


そんな社会的にも常識的な事ができないのなら、宝塚の私設ファンクラブは脱法集団です。

今すぐに私設ファンクラブはすべて解散しろ!!!

※もし、この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックして下さいませm(__)m
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村人気ブログランキングへblogram投票ボタン
※写真は文章の内容とは無関係な参考画像です
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。