ベルばらブーム以前からの宝塚歌劇ファン、SKDのファン、OSKのファン、日劇のダンシングチームとミュージックホールのファン。それが私の人生そのものです



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



プロフィール

レビューの王子様

Author:レビューの王子様
FC2ブログへようこそ!

レビューの楽しさと素晴らしさ

命ある限り皆様にお伝えしたいです



カテゴリ



月別アーカイブ



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
214位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
12位
アクセスランキングを見る>>



月別アーカイブ



お客様の数



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ SKD・OSK日本歌劇団へ
にほんブログ村

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


悪魔の音楽学校職員議事録 次回更新を24日まで延ばします 時間をかけてお読み下さい
77548_10-02takarazuka.jpg

学校法人宝塚音楽学校職員会議事録
平成21年(2009年)1月16日(金)

宝塚音楽学校 応接室

出席者 9名 

小林公平 理事長兼校長 

今西正子(葉山三千子 元星組組長) 理事兼副校長

谷 正純(歌劇団演出家)評議員 講師 

大久保昌子(羽山紀代美 歌劇団振付家)評議員 講師

島崎澪子(麻鳥千穂 元歌劇団花組トップ)評議員 講師      

樫原幸英事務長

藤井和弘教務課長 

神田公徳生徒課長 

波戸輝考課長代理 

〇 議案 

96期生鈴木郁子に対する懲戒の有無及び懲戒の種類を決定する件及び受け入れ体制作りの協議申し入れについて検討する件

〇 議事の経過およびその結果について

定刻、小林理事長が議長になり今回職員会を開催するに到った経緯及び職員会において審議し決定する事項を下記の通り説明し、議案の審議に入った。

学校は96期生鈴木郁子に関連して発生した複数の事案を非常に重大なことと認識し、平成20年11月17日に職員会を開催した結果、学則26条27条1項及び6号により退学処分にあたるとの結論に至り、本人に対して11月22日付けで退学通知をした、

しかし鈴木側はこの決定を不服として神戸地裁に対して「地位保全の仮処分命令申立書」を12月5日付けで提出し12月22日に審問が行われ、平成21年1月6日に「鈴木側の申し立てを認め、鈴木郁子が宝塚音楽学校の生徒であることの権利を有する地位を仮に認める」とする仮処分決定が下された、

これを受けて前回の退学処分の根拠となった事案に加えて退学処分以降に判明した事実や裁判の過程で得られた情報、仮処分決定、鈴木側からの意見弁明など現在までに得られている全ての情報に基づいて、あらためて鈴木郁子の懲戒の有無とその種類について審議する、

また鈴木郁子側からの受け入れ体制作りの協議申し入れについても審議する  

審議の方法はまず下記の各議案について樫原事務長から説明があった

1 夏休み期間に学校に無断で鈴木郁子が取材

を受けた件

2 コンビニエンスストアでの件

3 財布の件

4 携帯電話の件

5 鈴木郁子の寮室から6月15日に物品が発見

された件

6 鈴木郁子が9月13日に予科生の共用スプレ

ーを自分のカバンに入れた件

7 私物を自宅へ返送するために寮室および学

校予科ルームのロッカーを整理した際に他人の

物品が発見された件

8 規則違反について

9 「いじめ」の主張について

10 鈴木郁子の受け入れ体制の協議について


全議案の説明が終わった後に議長が出席者に対して議案ごとに意見を求めた、各議案ともに出席者からは学校の見解に対する同意が表明されたので

議長(小林公平)が次の通り意見を総括した

議案1に関しては規則違反と判断する

議案2に関しては窃取があったものと判断する

議案3に関しては違法な所持または窃取があった

ものと判断する

議案4に関しては違法な所持、違法な使用と

判断する

議案5に関しては窃取があったものと判断する

議案6に関しては窃取があったものと判断する

議案7に関しては窃取があったものと判断する

議案8に関しては規則違反が繰り返し行われ且

つ改善の見込みが薄いと判断する

議案9に関しては「いじめ」という性格のものでな

いと判断する


以上を踏まえて、鈴木郁子は本校の学則27条1項1号に定める「操行不良で改善の見込みが薄いと認めた者」及び6号の「その他、本学則の定めに反する者」に該当し退学処分に値する、との判断を出席者に示した、また議案10に関しては、これらの事案から判断して受け入れられる状況ではないため、協議は行わないとの判断を示した、

参加者に対して採決を行ったところ、

全員一致での賛成が得られた。

平成21年1月16日 議事録署名捺印 9名      以上

ここまでタイピングしていても腹が煮えくり返る怒りを覚えます。

私の意見は次回24日10時更新でお読み頂けたら幸いですが、今日はこれだけ言わせて下さい

裁判所の決定に従わないなんて暴力団と同じや

そして・・・

小林公平・葉山三千子・谷正純・羽山紀代美

この四人は絶対に許せません!!!


※もし、この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックして下さいませm(__)m
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村人気ブログランキングへblogram投票ボタン
※宝塚音楽学校の画像は宝塚市のHPより引用しました
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。