ベルばらブーム以前からの宝塚歌劇ファン、SKDのファン、OSKのファン、日劇のダンシングチームとミュージックホールのファン。それが私の人生そのものです



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



プロフィール

レビューの王子様

Author:レビューの王子様
FC2ブログへようこそ!

レビューの楽しさと素晴らしさ

命ある限り皆様にお伝えしたいです



カテゴリ



月別アーカイブ



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
433位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
22位
アクセスランキングを見る>>



月別アーカイブ



お客様の数



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ SKD・OSK日本歌劇団へ
にほんブログ村

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


異議あり!私設ファンクラブを解散させ公認統一ファンクラブを結成しろ!
fc01.jpg

本日も御訪問下さり有難うございます。今日は長くなりそうなので早速本題に入らせて頂きます。

来年の10月で50歳になるのですけれど、40年たっても忘れられない光景があります。

当時の大劇場は屋外にもカフェテラスがありまして、武庫川のダムの噴水やボートに乗ってるカップルを見ながらティータイムを楽しめました。

そのカフェテラスのテーブルに、どの組の公演の時も3人ほどの女性が座り、当日券のチケットをトランプを拡げる様に扇形に並べて、タバコを吸いながらおしゃべりしておられました。

時々女性ファンの人がやってきては、まるで女王様たちに対するように、超低姿勢でチケットを買われていました。

その時のテーブルの女性たちのえらそうな態度、目も合わさず、会話も止めず、タバコを吸いながら反対の手の指でチケットを押し出すだけでした。

子供心にも思いました・・・

お前ら一体何様のつもりやねん!!!

その女性の人たちが、その組のトップスターの私設ファンクラブの代表や幹部だと知ったのは、ずっと後の事でした。

それから40年の時が過ぎ、今では多くの宝塚ファンの友人もでき、私設ファンクラブの代表や幹部にも人間的にも立派な方がおられるのも存じております・・・しかし、今でも言わねばなりません

お前ら一体何様のつもりやねん!!!

次のエピソードは逆に超最近、ある組の公演を観に行った時の事です。

終演後、いつものように出待ちでファンは行儀よくならんで、贔屓のスターさんにお手紙を渡したりしておられました。

しかし!次の瞬間、私の目の前で信じられない光景が展開されました。

ある人気男役スターさんがファンからお手紙をもらっていると、その方の付き人さんが怒鳴りました

はい!ここまで!

これ以上は迷惑だから止めて下さい!


私は一瞬何を言われたのか分かりませんでした、あまりの非常識な言葉に・・・

お前ら誰に向かって言うとるんや!

ファンと言えどもお客様やで

迷惑なんて言葉どこから出てくるんや!


とにかく、私設ファンクラブの代表や幹部、付き人には自分を勘違いしている人が多すぎます。

あんたらの仕事はなあ・・・

生徒とファンとのパイプ役や!

それが今では逆に壁になっとるやないか!


もうひとつ私設ファンクラブでどうしても聞いて頂きたい事があります。

スターさんが退団されてファンクラブを解散する時の剰余金の使途の問題です。

退職金代わりにスターさんに贈与するにせよ、新しいファンクラブの設立資金にするにせよ・・・

ファンクラブ全員の意思で決めるべきです!

幹部会などで絶対決めるべきではない!


はっきり言わせて頂きます、私にはそれしか取り得がありませんから・・・

幹部会なんてただの女子会やないか!

飲み食いしておしゃべりするだけや!


とにかく、私設ファンクラブの存在は百害あって一利なしです。

歌劇団も私設ファンクラブを利用するな!

自腹で警備員やマネージャーを雇うべきだ!

脱税の温床の私設ファンクラブは解散させよ!


本当の意味で「清く正しく美しい」

歌劇団公認統一ファンクラブを設立すべきです!


※もし、この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックして下さいませm(__)m
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村人気ブログランキングへblogram投票ボタン
※写真は文章の内容とは無関係な参考画像です
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。