ベルばらブーム以前からの宝塚歌劇ファン、SKDのファン、OSKのファン、日劇のダンシングチームとミュージックホールのファン。それが私の人生そのものです



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



プロフィール

レビューの王子様

Author:レビューの王子様
FC2ブログへようこそ!

レビューの楽しさと素晴らしさ

命ある限り皆様にお伝えしたいです



カテゴリ



月別アーカイブ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
20位
アクセスランキングを見る>>



月別アーカイブ



お客様の数



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ SKD・OSK日本歌劇団へ
にほんブログ村

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


百周年の体制を議論する前にやらなければならない事があるはずだ!!!
ar01.jpg


こんにちわ。レビュー王子です

台風12号で被害を受けられた地域の皆様に

心よりお見舞い申し上げます


さて今日の本題ですが2014年の宝塚百周年まで2年と4ヶ月足らずになりましたね。

ファンの間でも2ちゃんねるなどを中心に百周年の体制を予想することが盛り上がりを見せているようです。

もちろん議論する事は自由ですしファンであれば贔屓のスターにトップになってほしいと願う気持ちも充分に分かっております。

しかし!私はあえて申し上げます!

そんな議論は不毛の議論だと!


ぶっちゃけて申し上げます。私の取り柄はそれだけですから・・・

龍真咲・明日海りお・早霧せいな

紅ゆずる・凰稀かなめ


この方たちにはもう薔薇の花が付いています

つまりトップスター当選確実です!


遅かれ早かれトップになられます

あえて議論の余地があるとすれば

明日海りおちゃんを花組に移すか否かでしょう


個人的意見ですが、これと言う二番手男役が不在の花組です。明日海りおちゃんを花組に移せばお客様を呼べる立派な花組二番手男役スターの誕生です。

「ダンス・ロマネスク」を見て感じたんですけれど、明日海りおちゃんは建前上は月組の三番手ですが、実質上二番手扱いでした。フィナーレの大階段を降りて来る順番や銀橋パレードのポジションこそ三番手でしたが、あとのシーンは全部キリヤンの右隣りでした。

いかに歌劇団が明日海りおちゃんに力を入れているかが分かるレビューでした。

そんなことより問題は娘役です!!!

今のままの流れで行けば大変なメンバーになります。

花組 柴田の姉

月組 96期生

雪組 言わずと知れたメモカ

星組 96期生

宙組 柴田の妹


こんなメンバーになれば宝塚はお終いです!

しかも!その可能性は充分にあるのです!


もしかしたら星組ファンの方から反論のコメント頂戴するかもしれません。「華雅りりかや早乙女わかばがいる。96期生の娘1などありえない」と・・・

甘いです!宝塚の経営陣は何が何でも

96期生問題を無かった事にしたいのです!


ファンの少々の反対など押し切って

96期生を無理やり娘1にする気です!


それを防ぐ手段はないのか?宝塚は柴田姉妹や96期生に乗っ取られるのか?

一つだけ方法があります、それは・・・

現行の研六からの契約制度を

研一から適用するように変更するのです

96期生や柴田姉妹とは契約更新しないのです!

厳しすぎる?とんでもないです!

柴田姉妹は父親のコネで娘1になりました

犯罪こそ犯していませんけれど

第二の花總まり(長期政権)になります!

まして96期生は犯罪を犯しているのです

社会的制裁を受けるのは当然の事です!!!


※契約制度について間違っているとの

御指摘を沢山頂きました。

現状は研六から歩合制のタレント扱いに

変わるのではありませんか?

もし私が間違っていたら具体的に

現在の契約制度について御教授願います

※もし、この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックして下さいませm(__)m
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村人気ブログランキングへblogram投票ボタン
※龍真咲さん・明日海りおさんの画像は日刊スポーツ2009年2月19日の記事より引用
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術


コメント
レビュー大好き王子さま

2回目のコメント失礼します。近い未来の娘役さんのこと、本当に暗澹たる気持ちになります。現在と昔を比較してどうこう言っても仕方ありませんが、90年代の宝塚には確固とした娘役芸があったと感じます。

それも実力のしっかり伴った、そして、苦手な分野は努力にて懸命に補っていた娘役が存在していたと思い返します(例外の方もおられたようですが)。名手と呼ばれる域の方も沢山おられた。必ずあるレベル以上に仕上げてくる気迫もありました。

レビュー大好き王子さんは、何かがおかしいことに気付きながら現実を見ようとしないファンに「アホ」と言われたのです。このまま衰退していく宝塚を見たくないから。自分たちの世代だけで享受し尽くされ、幕を下ろす文化にしたくないから。

生徒自身は厳しく身を律して研鑽する必要があるでしょうし、劇団側にはもっともっとオリジナルの作品を生み出してほしい。苦心して作った作品が光る見せ方があるはずなのに。埋もれている才能が一杯あるように思います。
[2011/09/07 23:29] URL | はみあ #- [ 編集 ]


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。