ベルばらブーム以前からの宝塚歌劇ファン、SKDのファン、OSKのファン、日劇のダンシングチームとミュージックホールのファン。それが私の人生そのものです



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



プロフィール

レビューの王子様

Author:レビューの王子様
FC2ブログへようこそ!

レビューの楽しさと素晴らしさ

命ある限り皆様にお伝えしたいです



カテゴリ



月別アーカイブ



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
238位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
16位
アクセスランキングを見る>>



月別アーカイブ



お客様の数



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ SKD・OSK日本歌劇団へ
にほんブログ村

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


SKDと宝塚 ラインダンスの考え方の違い

宝塚では研三以上の男役でロケットに出てれば「負け組」「落ちこぼれ」と思われます。

しかし、SKDでは反対に36人のアトミックガールズのメンバーに選ばれなければ幹部への道は無かったのです。

そして、レビューの構成上でも宝塚はラインダンスは添え物扱いです。対してSKDはラインダンスを売り物として最高のエネルギーを注ぎました。

宝塚に男性のお客様が少ないのも当然です。オスカルやトートでは男性は満足できません。

若い女性だけが持つ健康的で爽やかなお色気は宝塚・SKD関係なくレビューには必要です


人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村にほんブログ村 演劇ブログ SKD・OSK日本歌劇団へ
にほんブログ村
宝塚おとめ 2011年度版 (宝塚ムック)
阪急コミュニケーションズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 宝塚おとめ 2011年度版 (宝塚ムック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
スポンサーサイト


コメント
いつも楽しく拝見させて頂いております。
私個人としましては
男性が両隣もしくは前方に座られると視界を邪魔される事も多く、あまり嬉しくありません。
差別と非難覚悟で書きますが、男性特有の体臭に毎度嫌気を感じていますため、
上記で述べたように男性が周囲におられると今日は外れだわ(汗)とその時間落ち着いて舞台に集中できないでいます。たまたま変な方に当たってしまった運の悪さだけなのかもしれませんが。

私個人としましては
これからもいつまでも女性メインの客層を望むばかりです。
夢の世界ですから、
劇画タッチの青年誌より少女マンガを望みます。

ご気分を害されたなら謝ります。
ですが、この記事だけは一言申し上げたくて書きました。

ですが、これからもピリ辛記事楽しみにしています。

[2011/08/04 06:31] URL | 香り #- [ 編集 ]

> いつも楽しく拝見させて頂いております。
> 私個人としましては
> 男性が両隣もしくは前方に座られると視界を邪魔される事も多く、あまり嬉しくありません。
> 差別と非難覚悟で書きますが、男性特有の体臭に毎度嫌気を感じていますため、
> 上記で述べたように男性が周囲におられると今日は外れだわ(汗)とその時間落ち着いて舞台に集中できないでいます。たまたま変な方に当たってしまった運の悪さだけなのかもしれませんが。
>
> 私個人としましては
> これからもいつまでも女性メインの客層を望むばかりです。
> 夢の世界ですから、
> 劇画タッチの青年誌より少女マンガを望みます。
>
> ご気分を害されたなら謝ります。
> ですが、この記事だけは一言申し上げたくて書きました。
>
> ですが、これからもピリ辛記事楽しみにしています。

コメント有難うございました。

私の考えは決して女性ファンを減らせと言うものではありません。

ただ、日本の演劇でこれだけ男性と女性の比率が大きく違うのは

宝塚だけです。

できるなら、女性ファンを減らさず、男性のお客様も宝塚を見て頂けたらと・・・
[2011/08/04 21:41] URL | レビューの王子様 #- [ 編集 ]


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。