ベルばらブーム以前からの宝塚歌劇ファン、SKDのファン、OSKのファン、日劇のダンシングチームとミュージックホールのファン。それが私の人生そのものです



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



プロフィール

レビューの王子様

Author:レビューの王子様
FC2ブログへようこそ!

レビューの楽しさと素晴らしさ

命ある限り皆様にお伝えしたいです



カテゴリ



月別アーカイブ



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
214位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
12位
アクセスランキングを見る>>



月別アーカイブ



お客様の数



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ SKD・OSK日本歌劇団へ
にほんブログ村

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宝塚でツンブラ(ビキニの水着)は不可能か?
s63n19.jpg
女性ファンの皆様にお聞きしたいのですが、上の写真を見て「いやらしい」とか「下品」とか、あるいは男性客を喜ばせる為だけの「お色気路線」などと思われるでしょうか。
いえいえ、皆さまきっと「綺麗」「美しい」「華やか」「少しもいやらしくも下品でもない」と言って下さると信じております。

私自身も、自分が男性だから言うのではありませんが、とても美しい姿だと思います。
写真はSKD松竹歌劇団の華「エイト・ピーチェス」の最後のメンバーです。

さて、今宝塚で上演されている「ノバ・ボサノバ」にも中詰めのカルナバルのシーンで一度だけツンブラ(ビキニタイプの衣装)が登場しますが、出てきたと思ったら、すぐにはける(袖に引っ込む)のです。
おへそも見せてないし、あんなのツンブラじゃありません。
批判しているのではありません、私はレビューの演出では、中途半端が一番いけないと思います。
おへそを出すなら出す、出さないならセパレーツタイプの衣装なんか使わない、それが正しい演出法です。

宝塚には小林一三先生の遺訓「清く正しく美しく」があります。でもそれは、生徒達に対する精神的な御指導であって、「舞台は華やかに、私生活は質素に」と教えておられるのです。
小林一三先生の多くの御本のどこにも「宝塚でツンブラやハイレグのダルマは禁止」なんて書いてありません。

確かに宝塚は女性ファンが圧倒的に多いです。当然演出も女性好みの傾向になるのは仕方がないのかもしれません。しかし、少ないとはいえ男性のお客様もおられるし、女性でも健康的なお色気のあるレビューを支持して下さる方が沢山おられると思います。

私は宝塚でもツンブラやハイレグのダルマを使用すべきと思うのですが・・・


人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村にほんブログ村 演劇ブログ SKD・OSK日本歌劇団へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2013/10/14 17:29] | # [ 編集 ]


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。