ベルばらブーム以前からの宝塚歌劇ファン、SKDのファン、OSKのファン、日劇のダンシングチームとミュージックホールのファン。それが私の人生そのものです



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



プロフィール

レビューの王子様

Author:レビューの王子様
FC2ブログへようこそ!

レビューの楽しさと素晴らしさ

命ある限り皆様にお伝えしたいです



カテゴリ



月別アーカイブ



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
248位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
演劇
19位
アクセスランキングを見る>>



月別アーカイブ



お客様の数



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ SKD・OSK日本歌劇団へ
にほんブログ村

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クレームを言ってきた皆様へ 写真掲載については劇団も新聞社もOKでしたよ
宝塚歌劇団の総務部及び日刊スポーツ本社に電話して確認しました。私は違法行為は一切やっていません。

文章の内容が気に入らないからと言って「劇団に通報する。あなたは犯罪者です」なんてコメントやめてもらえませんか。


日本では、一定の条件を満たした「引用」は、権利者に無許可で行うことができる(著作権法32条)。これは著作権侵害にはなりません。

著作権法において正当な「引用」と認められるには、公正な慣行に従う必要がある。適切な引用とは「紹介、参照、論評その他の目的で著作物中に他人の著作物の原則として一部を採録すること」とされます。

よくブログに無断で写真を載せると、すぐに著作権違反だと騒いだり、チクリが大好きな方がおられますが(今日お越しになられました)、一度でも著作権法の全文を読んだことがあるのでしょうか。著作権侵害には例外規定が沢山あり、大きくは「私的使用」28条と「引用」32条です。
私がこれから書こうと考えているブログはレビューと言う社会的に文化と認められている物に対する「論評」であり、同時に適切な「引用」と認められるための文化庁の出している四条件
①公表されている著作物であること
②公正な慣行に合致すること
③報道、批評、研究等の「引用」の目的上「正当な範囲内」であること
④引用部分とそれ以外の部分の「主従関係」が明確になっていること
(ブログはあくまでも文章が主であり、それを補足する写真は従なのです)

これらを全て満たしております。従いまして、今後宝塚のOG、現役の生徒さんの写真を「引用」致しましても、決して著作権違反ではない事を申し上げておきたいと思います。

なお、この事は素人考えでなく、私の顧問弁護士で著作権などの知的財産権を専門としておられる一流の弁護士の先生の御見解であることも申し添えておきます。
にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。